新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/08(月)21:00
えのすいペンギンプールでのペンギンたちの食事風景を紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)ケープペンギンのジョン、フンボルトペンギンのコハク

現在えのすいにいるペンギンはフンボルトペンギンが20羽と、ケープペンギンが1羽。
そのためフンボルトペンギンたちは翼の付け根にタグという色違いの識別標を付けていて、瞬時に個体の区別が付くようになっています。そして、それを元に個別に給餌をして健康管理に役立てています。

上の写真でエサをもらっているのは、えのすい生まれの最年少でオレンジ色のタグのコハク。坂の途中なのに加えて、トリーターさんがブロックしているので、他のペンギンに邪魔されることなく食事ができています。
これで安心して食べる量を把握しながら給餌できる訳です。

新江ノ島水族館(えのすい)ケープペンギンのジョン、フンボルトペンギンのコハク

コハクが食べているのは「シシャモ」のようです。

左側の坂の上にいるのはケープペンギンジョン。頭の横の白いラインがフンボルトペンギンよりも太いのがケープペンギンの特徴。1羽しかいないのでジョンはタグを付けていません。

とても似ている2種のペンギンですが、やはり別種なのでジョンはシシャモは食べず、もっと大きな魚を丸呑みにして食べます。



新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ、ハク

そしてこちらはコハクの両親。
繁殖のため、ペンギンプール右端を仕切って暮らしているオスのジャンボ(黒タグ、手前)とメスのハク(赤白タグ、奥側カゴの中)です。
卵は産まれたかな・・・?


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]
ケープペンギン[学名:Spheniscus demersus][英名:African Penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1511-aaeba06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。