新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/02(火)23:00
えのすい「暖かい海ゾーン」のマングローブ水槽は、海水と淡水が混じりあう汽水域を再現する数少ない場所であるためか、多様な生物が暮らしているので、生物解説が追いつかず名前が分からない生き物も多くいます。

新江ノ島水族館(えのすい)マングローブ水槽マンジュウイシモチ

マンジュウイシモチ(饅頭石持)[学名:Sphaeramia nematoptera]

左側はおなじみのマンジュウイシモチ。思いっきり和風の名前からは想像できない、おしゃれストッキングをかぶせて目とヒレをオレンジに塗ったような派手ないでたち。

右側は最近加入した多分ニザダイ科の魚。ひょっとしたらまだ若くてツノが生えてないテングハギの子供かも知れません。

新江ノ島水族館(えのすい)マングローブ水槽

こちらも最近加入。正面から見ると見事な逆三角形の断面なので、ひょっとしてあなたがコボラなのでは? と思ってしまいます。コボラは本館に入ってすぐ相模湾大水槽2階部分の最初のブロック“出会いの海”にいるはずなんですが、大きい個体は確認できません。他にも1箇所、コボラっぽい魚がいる水槽があります。

新江ノ島水族館(えのすい)マングローブ水槽ヒメツバメウオ?

こちらは結構以前からいて、菱形の体型や派手な体色などかなり目立つのに、解説板で紹介されたことがない悲劇の魚。多分、ヒメツバメウオという種類だと思います。
体型が菱形なだけでなく、珍しく背側より腹側が広がっている点もユニーク。

マングローブ水槽は数多くの個性豊かな生き物が同居していますので、ゆったりじっくりとご覧になってくださいね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1493-230758e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。