新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/23(土)21:00
えのすいの本館に入ってすぐ相模湾大水槽2階部分の最初のブロック“出会いの海”コボラがいるはずなんですが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)ムギイワシ、コボラ

以前お伝えしたように、この区画はメダカのような小さい魚のムギイワシに一面覆い尽くされている上に、時折波がザバーーーンとやって来るのが特徴なので、なかなかコボラを発見できません。

と思っていたら、小さいムギイワシたちの中に明らかに体型が違う魚が混じっていることに気付きました。ムギイワシはすでに、コボラとコラボしてたってことなのか!?

新江ノ島水族館(えのすい)コボラ

頭から尻までスラッと一直線のムギイワシに比べて、体の中央の縦幅が盛り上がっていて三角形っぽいメリハリのある体型のこの魚たち。
もっと大きいかと思ってたんですが、これがコボラなんでしょうかね。ほとんど大きさ的にはムギイワシと変わりません。

「小さいボラ」と書いてコボラなので小さいことは小さいんですが、それでも普通のボラが約60cmぐらいまでに成長するのに対して、コボラは成長しても約30cmぐらいにしかならないことから付いた名前です。
なので、この数cmの魚がコボラだとすると、まだ成長過程の若い個体たちのため小さいのだと思われます。

人口の波が起こす小刻みな環境の変化に対応するために、懸命に体をはためかして泳ぐ小さな魚たち。ついつい見入ってしまいます。ぜひじっくりとご覧になってください。


コボラ(小鯔)[学名:Liza macrolepis][英名:Largescale mullet]
ムギイワシ[学名:Atherion elymus][英名:Bearded silverside]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1459-fd3970e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。