新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/16(土)21:00
2010年01月の「えのすい」テーマ水槽:
寅の月 その4


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽タイガーショベルノーズキャット

タイガーショベルノーズキャット[学名:Pseudoplatystoma fasciatum]

南米のオリノコ川やアマゾン川水系に広く分布しているナマズの一種。
大型で1mを超えるほどにも成長します。
夜行性で小型の魚やカニなどを食べるということなので、この水槽では昼間はおとなしくジッとしています。驚いたときに突進するという性質があるそうで、水槽が割れてしまうほどの衝撃を与えることもあるんだとか。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽タイガーショベルノーズキャット

やっぱり背中に縞模様があるのが「タイガー」の由来。最後に「キャット」と付くのは、ナマズが英語でキャットフィッシュ=猫魚(ヒゲ成分に由来)だから。虎と猫が同居する不思議な名前です。

その間にある「ショベルノーズ」というのは、もちろん鼻先が平べったいところが、土を掘り起こす道具に似ているから。

あの道具は一般的には「シャベル」という表記で、英語の発音も同様。ですが綴りがshovelなので「ショベル」と表記することも。
元々は「スコップ」と同じものを指しますが、日本では両者を使い分けることも多いです。掘るときに足をかける部分があるのがシャベルで、それがないのがスコップと呼ぶこともあります。また、大きさによって言い分ける場合もあり、東日本では小型がシャベルで大型がスコップ、逆に西日本では大型がシャベルで小型がスコップと呼ぶことが多いんですって。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://enosuiego.blog50.fc2.com/tb.php/1429-ad88a36f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。