新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/10/01(金)00:00
★2010年10月の「えのすい」行事カレンダーです!

★えのすいECO Point 10(10月1~31日)

■10月のテーマ水槽:「生物多様性ってなんだろう」(10月1~31日)

●国際生物多様性パネル展(10月2~31日)

●生物多様性クイズラリー(10月2~31日)

●企画展「新世界 透明標本展」(10月2~31日)

●えのすいトリーターと一緒にクラゲ観察&クラゲ種の同定体験(クラゲの種類調べ)
 (10月9日)

●ベネッセスタンプラリー(10月2・3・9・10~11・16・17・23・24・30・31日)

●えのすい海の学校 特別講座
 See-beで学ぶ食物連鎖&トリーター内緒のお話(10月3日)

●この地球上にキミを探せ! 海洋生物編(10月16日)

●えのすいECOデー Vol.9(10月17日)

●リサイクルの日「ペットボトルキャップ回収活動」(10月20日)

●合言葉は「トリック オア トリート」(10月23・24・30・31日)

●ニンテンドーDSを持って“えのすい”へGO!(5月6~12月31日)


営業時間:10月1~31日→9:00~17:00

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
2010/10/01(金)22:00
えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」で水上のブランコにやってきたのはオタリアトトロですが・・・
(9月29日のショーの模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

ブランコが傾いてるッ! 半分沈んでるッ!
た、確かにトトロは体重が100kgを超えているので決して軽くはないんですが、普段はこんなに沈まないはず。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!

レディのトトロの名誉のために言っておくと、乗る前からちょっと傾いてた模様。
ワイヤーの長さの調整不足でしょうか。安全にも関わる部分なので、しっかりチェックしていただくことが望ましい気がします。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

おにいさんのとびきりの笑顔に反して・・・やっぱり傾いてる!
だけどトトロももうちょっと右に乗ればいいのに。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

空中に上がっても、やっぱり左側が下がってる。
そのせいかあんまりブランコも揺れません。でも、なんだかんだで結構トトロの体重があるせいもあります。

「あんまり揺れないね~」っていう感じのトトロ。おにいさんはトトロの半分ぐらいしか体重ないんだから、そこは手伝ってあげないと。 (´∀`;)

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

女の子ですが「ガオゥッ!」という太い声。
ちょっとよだれも出てるっぽいけど、元気に挨拶できました。

歯が黒いんだねトトロオットセイスバルも歯が黒いので納得なんですが、あらためて見ると結構意外な感じがします。

それじゃ、ブランコの管理は万全を期すようにお願いしま~す!


オタリア(南米アシカ)[学名:Otaria byronia][英名:South American sea lion]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/01(金)23:00
えのすいの本館に入ってすぐ相模湾大水槽2階の2番目のブロックに注目!

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

イトヒキアジ(糸引鯵)[学名:Alectis ciliaris][英名:African Pompano]

久しぶりに、なぜかヒレがヒラヒラたなびくイトヒキアジが登場!
中くらいの大きさの2匹です。というか恐らく大きめの幼魚です。

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

相当カッコいい!
それにしても毎回イトヒキアジを見るたびに思いますが、この糸状に伸びたヒラヒラの用途がまったく想像不能。エルヴィス的な意味合いなのか?

だけど逆に、必然性が見いだせないところにわざわざ付いているのが、かえってステキ! あまり見たことのない方向性にハッタリが効いていて、そこはかとなくナイス!
(*´▽`)b

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

同じ水槽にいるクロホシイシモチネンブツダイのオレンジ色の体色が反射するほどメタリックな質感! 新鮮! ちゃんと反射するもんなんだね!

新江ノ島水族館(えのすい)イトヒキアジ

体長10cmぐらいの小さい頃の幼魚はもっと体型が菱形◇で、ヒラヒラも体長の2倍ぐらいの長さで、かなり熱帯魚な雰囲気。

その後、成長につれ体が大きく長くなり、相対的にヒラヒラが短くなるのが今回いるイトヒキアジの状態です。

さらに成長して成魚になると、体の縞模様が消え、一段と大きく長くなるので、同じ相模湾大水槽にいるギンガメアジに近い体型になります。
ヒラヒラ部分がなくなって硬いトゲだけが残るみたいですが、それもやはり相対的に短くなってます。

これは体は成長するけどヒラヒラの長さは変わらないってことなんでしょうか?
ひょっとして、それを利用して成長の度合いが分かるようにするために付いているのか!? ヒラヒラ!

・・・って、そんな理由でわざわざこんな進化をするんだろうか!?
ますますわからん。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/02(土)22:00
えのすいイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」で大活躍中なのはバンドウイルカルイ。(9月29日のショーの模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

序盤から軽々と美しく前方宙返り。
そんな絶好調のルイと新人トリーターさんたちの共演シーンをお伝えします。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

祝! 新人トリーターさん、泳いで競争デビュー!
今回のお相手はルイが務めます。よ~い、スタート!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

さすがにドルフィンキックではルイにかないません。
っていうか実は勝ってもらっても段取り的に困るので全然OK!
ちょっと顔が沈み気味だ・・・ (´д`;) 頑張れ! 新人おにいさん!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

ルイに手を振り返してくださ~い!」
まだちょっと緊張してるのか、多少ぎこちない感じはしますが、問題なく完璧にこのコーナーを進行できてます。

ショーの合間の練習時間に、長い期間にわたって一生懸命トレーニングしてたのが実を結んでなによりです。今回初めて実際のショーで見たんですが、なんか声のキーが意外に高いのが印象に残りました。

これから回数をたくさんこなしているうちに、ルイとのコンビネーションも、全体のテンポも良くなってくると思います。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

さすがに長年一緒にやっている方々と違って、新人さんだと息が合わないことも。練習のときは出来てると思うんですけど、実際のショー中は色々と難しい。

なんにしても、危険がないようにやっていただきたいです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

そんな心配をよそにザッバァーーーッ!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ

ザッシャァーーーッ! と大迫力!

こちらのおにいさんは、ずっと長い時間ルイと練習をともにしてきているので、以心伝心、一心同体の完璧なコンビネーションです!

それにしてもルイは、オープニングでMCのおにいさんを水中からステージに押し上げ、泳いで競争、イルカの名前を呼んでくださいコーナーでスピンジャンプ、このロケットに、ラストの3頭前方宙返りに加わり、締めにスピンジャンプ・・・と目が回るほどの超活躍!
すさまじい! ルイ様様。



そんなわけでイルカと人間と立場は違えど、ルイはショーでは新人さんたちの大先輩。
元来、真面目な性格のルイなのでサインには的確に応えますが、そのサインを出す新人さんたちもルイ先輩に認められる存在にならなくてはいけません。

繰り返し繰り返しやっていれば、お互いに信頼関係が築けてくると思うので、イルカたちが安心して任せられるように自信を持って堂々と接しながら、ひたすら続けていけばいいのではないかと思います。

それじゃ、新人さんたち頑張ってくださいね~! ヽ(´▽`)ノシ


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/02(土)23:00
えのすいのクラゲファンタジーホール入り口の柱状になっている最初の水槽にいるのは、不動のトップバッタータコクラゲです。

新江ノ島水族館(えのすい)タコクラゲ

タコクラゲ(蛸水母)[学名:Mastigias papua][英名:Spotted jellyfish]

今回は大量に採集され追加登場したようです。新しい仲間たちが加わって大小様々、色とりどりのタコクラゲであふれてかえって、とてもにぎやか。

Cコ彡Cコ彡 Cコ彡Cコ彡Cコ彡 Cコ彡 Cコ彡Cコ彡
 Cコ彡Cコ彡 ヽ(´∀`)ノ Cコ彡Cコ彡Cコ彡
           うふふふふぅ~

新江ノ島水族館(えのすい)タコクラゲ

中でも目立つのが、こちらの大きくて色も濃くてとびきりカッコいい個体。
だけど、なんとなく火星人が作った巨大ロボが、股間を押さえてイヤ~ンな感じに見えなくもないところが、なおさらいい感じ。

ゆったりとはかなげなイメージのクラゲが多い中、タコクラゲは活発でたくましいイメージがあります。現在のこの雑多な雰囲気もなんとなく似合ってる。

そもそも、かなりカッコいいクラゲなので、ぜひご覧いただきたいです。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/02(土)23:59
えのすいにまたしても大型のカニが登場です。
それは「相模湾キッズ水槽」アミメノコギリガザミだ!

新江ノ島水族館(えのすい)アミメノコギリガザミ

アミメノコギリガザミ[学名:Cyclograpsus intermedius][英名:Mangrove crab]

巨大! 凶悪! 甲羅の幅が20cmにもなる「最大最強のガザミ」の名で称したいアミメノコギリガザミ。甲羅の縁はギザギザでまんまノコギリだし、目は赤いし、大きくて力のありそうなハサミは乾電池を握りつぶしてしまうぐらい力があるんだとか。性格も短気らしいです。

・・・ん!? なにか右側が気になってる?

新江ノ島水族館(えのすい)アミメノコギリガザミ

あぁ、食べ物があるのね。イカの切り身と、普通にエビチリとかに入ってそうなエビ。市販の冷凍食品と同じものが、エサになっているんでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)アミメノコギリガザミ

イカをちょっと食べて落ち着いたアミメノコギリガザミ。体と目の傾きが直りました。

右側の後ろ側に見えているバターナイフのような脚は遊泳脚。
ガザミの仲間は、一番後ろの一対の脚がこのようになっていて、オールのように使って器用に泳ぎます。カニの中ではかなり運動能力に秀でたグループです。

本当に水槽の壁を隔てての対面で良かったと思うよ、キッズたち。
自然界で見つけても、手を出しちゃダメ!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/03(日)22:00
えのすいイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」で、珍しくバンドウイルカミレニーマリンがコンビを組んでいました。
(9月29日のショーの様子です)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、マリン

魚が口に入る瞬間! 左がミレニーで、右がマリン
ミレニーはいつもはお母さんのルイとコンビを組んでいることが多いので、それ以外は珍しいですが、マリンはかなり柔軟に色々なイルカとコンビを組んでます。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、マリン

マリンミレニーでみなさんの前まで行っちゃいま~す。
左側のマリンは下顎がニュッと出っ張ってます。右側のミレニーは上顎と下顎が同じぐらいの長さで、お腹がピンクなので見分けやすい。

おにいさんの腰に刺さってる風車状のアイテムは、マリンに前方宙返りのサインを出す用のシンボルです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、マリン

息を合わせてジャーンプ!
ミレニーは飼育下3世イルカで、マリンは四世イルカ。マリンミレニーの姪に当たるわけですが、ミレニー10歳でマリン8歳なので、むしろ姉妹ほどの年齢差。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン

マリンがソロで晴れ姿。強烈なスピンジャンプ!
胸びれがものすごい角度になってます。このようにスクリューのような形にした胸びれで回転力を、尾びれを上下に振って推進力を生み出して、すさまじい勢いで螺旋状に回転して舞い上がります。

ミレニーもこのジャンプを得意としていますが、現在は体調を調整しながらのショー参加なので体に負担がかかりそうな大技は封印中。
焦らずゆっくり回復してから披露して欲しいです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、マリン

最後は仲の良いところを見せちゃいま~す!
左側の上から押してるのがミレニー、右側の下で押されてるのがマリン
普段はマリンの位置にルイが入って母娘で行なうことが多いですが、この娘娘コンビもかなりかわゆくてステキ! (*´∀`*)

同じ「スプラッシュ!」というタイトルのショーでも、このようにちょっとした編成の違いで、いつもと違う魅力が顔をのぞかせるので、決して飽きることはありません。
ぜひえのすいに足を運んでご覧になってください!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/03(日)23:00
えのすいの3月生まれの2羽のフンボルトペンギンの子どもたちは、先月に愛称を付けてもらって、ますますかわいさ大炸裂!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー、ユメ

左がメロディー、3月24日生まれのウタの子。右がユメ、3月20日生まれのハクの子。

ユメの方が4日だけ年長ですが、この立ち位置が多いのか、紹介パネルの並び順もこの順番。メロディーが常にエサに近い方に位置していたいからかも。

で、今回の主役はユメちゃんで~す! う~ん、ラヴリィ・・・ (*´ー`*)

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ

現在はユメメロディーの2羽だけで右側の特別区画にいますが、透明の仕切りの向こうのことも気になります。

ユメが心配なのか、お父さんのジャンボとお母さんのハクが、足繁く仕切りの反対側にやって来ています。親の愛だね。本当に頭が下がります。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのトップ、ユメ

だけど、たまには縄張り意識が強いことでも有名なオスペンギンのトップが、こっちに入ってきたいのか、上からくちばしをのぞかせることもあります。コワい、コワい。

本当にトップはガキ大将みたいな理不尽で意味不明に恐いところがなきにしもあらずなので、あまり近寄らない方が良いと思うよ。トップの右にいるのがジャンボ父さん。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー、ユメ

そして、ユメにとって身近な脅威がメロディー
なぜ、ユメの翼をくわえようとするんだ!? メロディー! これはちょっとウザい!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー、ユメ

普段はおとなしいユメもさすがに怒ります!
メロディーユメにかまって欲しいんでしょうか。繊細なユメに対して、案外無神経な感じのメロディーです。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ

スリムビューティ~☆

お父さんとお母さんと離れてるし、日々、色んなことがあるけどめげずに頑張ってね、ユメちゃん。きっとその経験が、たくましく立派な大人になる役に立つよ。

といっても普通に元気にやってますので、心配するほどのことでもありません。
なんですが、ぜひユメの応援よろしくお願いしま~す。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/03(日)23:59
えのすいの「発見の小窓」水槽 小さな地球 は現在、通常展示中。

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽メガネカラッパ

メガネカラッパ[学名:Calappa philargius]

新登場のメガネカラッパ。ちょっぴり体格は小柄ですが、体型はおなじみのトラフカラッパとそっくり。

そして模様が違います。トラフ=虎斑とは虎模様のことなので、トラフカラッパには縞模様があります。
じゃあ、メガネカラッパはどこが眼鏡かというと・・・

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽メガネカラッパ

ここだッ! 目の周囲! 眼鏡っぽい。
この模様のおかげでメガネカラッパと名前が付いたわけですが、ちょっとメガネはメガネでも、仮面舞踏会風の無闇に縁が大きく広がったハデなメガネのイメージ。そう言えば、顔も扇子で隠してるようなポーズしてるしね。

なので、メガネをかけてるといっても真面目というより、夜に妖しげな享楽に耽っているような印象なのかもしれません。

しかし、ひょっとしたら実際は真面目で、効率良く巻き貝を開ける方法をじっと考え込んでいるのかもしれなくもないメガネカラッパなんでした。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/04(月)22:00
えのすいイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」からオキゴンドウセーラーの活躍シーンを紹介します。(9月29日のショーの様子です)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

来たッ! やる気がみなぎってるときのスタート姿勢な感じだ!
すでにこの場面だけで、あまりの巨体に会場がどよめきます。

きまぐれであまりショーに参加してくれないことも多いセーラーさんですが、涼しくなってやっと調子が出てきたんでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

やっぱりデカい!
なんかすごく高く跳べてる! すごいぜ、セーラーさん!

バンドウイルカマリンが一緒じゃないのに、こんなに高く跳んでいるセーラーさんを見たのはものすごく久しぶりな気がします。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

デカい! そして長い!! 大迫力!!!

活躍シーンといっても、実は2回のショーでこのジャンプ1セットだけなんです。
それなのにこの存在感と目立ちっぷり。色々な意味でデカい。
わかりやすくて、覚えやすい。小さい子たちにも人気No.1だと思います。

もうちょっと活躍して欲しい気もしますが、人間の決めた段取りなど、どこ吹く風の気ままなセーラーさんなので、それはそれでらしくていいかもしれないなぁ~と個人的には思います。
ただ、進行の妨げにはならないようにして欲しい。
そのことだけは、心からお願いしたいです。


オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/04(月)23:00
えのすいの3月生まれの2羽のフンボルトペンギンの子どもたちは、先月に愛称を付けてもらって、いよいよ元気が大爆発!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー、ユメ

左がメロディー、3月24日生まれのウタの子。右がユメ、3月20日生まれのハクの子。

前回とかわって今回の主役はメロディーで~す! 普通にかわいいじゃん! (´∀`*)



そんなメロディーですが、とても落ち着きのないペンギン。
その様子を連続写真で検証してみましょう。手前がユメで、奥がメロディー

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ、メロディー

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ、メロディー

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのユメ、メロディー

落ち着けッ! (^∀^;) 本当に動きがせわしない。
ユメもおっとりし過ぎな感がありますが、それにしてもメロディーはチョコマカと一瞬も動きを止めない勢い。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー

巣箱はかじらないでッ! Σ(´д`;)
それに行動もどことなく不可解。というか食い意地が張っているからでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのメロディー

やっと落ち着いたと思ったら、眠くなったからみたいだ。

そんな子どもらしいかわいさ満点のメロディーですので、にこやかに温かく見守ってあげてください。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/04(月)23:59
えのすいのは「相模湾キッズ水槽」からゴシキエビを紹介します。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴシキエビ

ゴシキエビ(五色海老)[学名:Panulirus versicolor][英名:Painted spiny lobster]

イセエビの仲間で、触覚が長~いゴシキエビ
以前テーマ水槽に登場していた個体だとおもうんですが、もう「発見の小窓」水槽には納まり切らないと思います。本体はともかく、触覚が。

触覚を除く体長は15cm程でしょうか。最終的には30cmぐらいになる種ですので、まだまだ成長途中。なんですが、エビの仲間は大人の形になるまでの下積み生活が長いので、キッズというより若い大人と言った方が良いのかもしれません。

模様以外はかなりイセエビに近いようで、食べてもかなり美味しいらしいのですが、甲羅が美しいので剥製となって観賞されることも多いそうです。

そういう意味で言うと、水族館で生きた状態が見られるのはなんともデラックス。
ぜひ水槽に付いたシャッターを開けてご覧になってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/05(火)22:00
えのすいのイルカショースタジアム一番奥にあるブリーディングプールから、ハナゴンドウビーナの登場です。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ 新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

また、そんな大きな傷を作って・・・。 (´Д`;) 痛そうだ。

ハナゴンドウの名前の由来は、擦れた傷がそのまま体表に残るので、それが花が咲いたように見えることから付いたもの。
なので、傷はハナゴンドウのトレードマークのようなものかもしれませんが、それにしてもビーナは出血を伴った生傷が多いような気がする。おでこ周りの出っ張った部分は、すでに真っ白になっています。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

こういうときに限って、アピール度が高いような気がするビーナ
プールの前面に留まってくれるわけではないですが、姿がよく見える位置をビュンビュン泳いで通り過ぎていきます。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

「傷は男の勲章」みたいなニュアンスで見せびらかしたいんでしょうか。
ビーナはメスなんですけれどもね。

それともやっぱり「ねえ、痛そうでしょ! 見て見て!」という感じで誰かに見てもらいたいのかもしれません。同情して欲しいわけじゃないけど、黙ってはいられない気持ちなのではないかという気がします。

新江ノ島水族館(えのすい)ハナゴンドウのビーナ

そうこうしているうちに、バンドウイルカピックシリアスの楽しい追いかけっこが始まったので、進路変更を余儀なくされるビーナ

ちゃんと見たからね~、ビーナ
だけど血が出るような傷はない方がいいと思うんだけど、どうしたらいいのかな。
なにかいい方法はないのか考えてみたら? ビーナ


ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/05(火)23:00
えのすい「沿岸水槽」のひとつは、長い生き物がやたらに集うだけでなく、海底から首だけ出す異様な光景が広がり、かなりカオスな雰囲気。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽ボウシュウボラ

ボウシュウボラ(房州法螺)[学名:Charonia sauliae][英名:Saul's triton]

そこへやってきたのは、法螺貝の仲間のボウシュウボラ
タッチングプールにも大量にいて、触ることもできるおなじみの種類です。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽ボウシュウボラ

こう見ると結構カッコいいと個人的には思うボウシュウボラ
ですが、人によっては鮮やか過ぎる色と、触覚や眼が生々しくて苦手という方もいらっしゃるかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)沿岸水槽ボウシュウボラ

最凶毒槍貝のアンボイナを見たばっかりなので、砲口がこちらを向いてると恐い気がしますが、普通の口だと思うので大丈夫。

貝殻に引っ込んで、底面フラットにして防御を固めた状態でも、口だけ出せば水の出し入れができる安心仕様。

う~ん、カッコいいと思うんですけど・・・
好みに応じてですが、できれば見ていただきたいボウシュウボラです。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/10/06(水)23:00
えのすいのイルカショースタジアム左側の区画は、ショーに出演していないバンドウイルカがいるところ。現在いるのはシャドウアテネ

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ、シャドウ

先週はベタベタだった2頭ですが、今週はバシャバシャと追いかけっこ。
なんとこのときは、追いかけてるのがシャドウだ。珍しいのかも。

それにしても、なんかアテネは顔がちょっとワルそうだ。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ、シャドウ

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ、シャドウ

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ、シャドウ

かなり派手に水しぶきを舞い上げてチェイス。
体が黒っぽくて大きい方がシャドウ

これは遊びで楽しくやってるんでしょうか。
だといいんですが、それにしても騒がしい。
本当言うとアテネひとりで、猛特訓とかして欲しいです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシャドウ

シャドウも目が開いてる。元気そうでなによりです。

だけど、なんだよね。どこかにないかな、イルカ男子校。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ |  次へ
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。