新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/01(水)00:00
★2010年09月の「えのすい」行事カレンダーです!

★Autumn Festival in 新江ノ島水族館2010(9月1~30日)

■9月のテーマ水槽:「国際生物多様性年~可笑しくも地球のなかまたち~」
 (9月1~30日)

●生物多様性クイズラリー(9月1~30日)

●相模湾大水槽バックヤードツアー(9月4・11・23・25日)

●イルカを知ってみようツアー(9月5・12・19・26日)

●敬老の日感謝企画 おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に!
 ~イルカとハイ!チーズ!~(9月18日)

●ベネッセスタンプラリー(9月4・5・11・12・18~20・23・25・26日)

●えのすい海の学校 特別講座(9月12日)

●えのすいECOデー Vol.8(9月19日)

●ニンテンドーDSを持って“えのすい”へGO!(5月6~12月31日)


営業時間:9月1~30日→9:00~17:00

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
2010/09/01(水)23:00
本日9月1日は防災の日。
学校や職場で、避難訓練などをされた方も多いと思います。
普段から、もしものときのために準備することは大切ですよね。

それでは、えのすいオットセイ・アザラシプールを代表して、
ゴマフアザラシ「太平」さんに、ありがたいお言葉をいただきます。

新江ノ島水族館(えのすい)ゴマフアザラシの太平

    「備えあれば うれしいな」

ユルッ! Σ(´д`;) ・・・それに、ちょっと違うけどね。
なんにしても、一番無防備なのは太平だよって思う。

みなさんは日頃から、ちゃんと気を引き締めておいてくださいね~。


ゴマフアザラシ[学名:Phoca largha][英名:Spotted seal]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/01(水)23:59
えのすいバンドウイルカミレニーがメインプールにカムバック!
元気にショーに参加しています! しかも今日は富士山付き!
イルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」から紹介!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

おかえり、ミレニー! ヽ(*´▽`*)ノシ ヨッ、日本一!
序盤からイルカの体の仕組みを説明するパートのお手伝いでステージに上がります。
水の中はコンビを組んでいるお母さんのルイ。色白の母娘で大活躍!

富士山は今は雪がないので、うっすらシルエット気味。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン

午前中はもっとハッキリ見えました。これからどんどん増えてくるかな。
オープニングのジャンプはマリンが跳ぶと予測して、富士山をバックに撮影しようと待ち構えてましたが、マリンのフォームだとタイミングがとりづらい。

それにしても、富士山が見える日はプロの撮影機材を携えた方々が、2階のデッキに大挙していらっしゃいます。スゴい情報収集能力です。プロカメラマンの連絡網でもあるのでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ、ミレニー

話題は戻って、ルイと一緒に泳いで競争に参加のミレニー。順調だね。
ドルフィンキックの泳ぎ方とは、復帰後に初対決を果たしたのかな。
問題なく勝利! その後の担当はルイでした。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、ルイ

もちろん「イルカとコーラス」コーナーにも参加。ルイとコンビで元気です。
ミレニーがいない間に、随分と様変わりしたスプラッシュ!ですが、ミレニーはちっとも変わらないので安心です。 (*´-`*)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、ルイ

ミレニールイで、みなさんの前まで行っちゃいま~す♪
う~ん、デラックス!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

ちょっと擦れて白いところが多いミレニーですが、これは左の区画に移る前からこんな感じでした。ゴールデンウィークとかはもっとスベスベだったと思うのに。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのルイ、ミレニー

その後もジャンプ系のハードな種目は控えて、母娘のコンビネーションでショーに貢献します。ゆっくりでいいので体調に気を付けながら、元気にジャンプする姿を取り戻してね、ミレニー

それでは、その他の見どころも紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル

シェリルと組んで大迫力の「ロケット」です! 高い!
ところで、おにいさんの白い歯がこぼれてます。息継ぎの瞬間?
もし意識して笑顔だったらスゴ過ぎるな。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル、マリン

シェリルマリンのコンビジャンプ。
これでマリンと高さを張り合えるのは、もはやシェリルだけか。
シェリルは普段はこのジャンプ低いのに。やはり意地かな。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル、ルイ、シャドウ

ラストはシェリルルイシャドウの3頭で前方宙返り。
富士山はすでに、もやの向こうに霞んでいます。

この状態で、前方宙返りができるメンバーが2頭も控えてるなんて心強いですね。
ミレニーはまだ本調子ではないですけど。

もっと言うと、まだこちらに移る予定じゃなかったのが、色々な事情があったのかもしれません。
なんにせよショーで活躍するミレニーの姿が見られるなんて、こんな嬉しいことはないので、じっくりと時間をかけて調子を上げていって欲しいです。

ミレニーが帰ってきて安定感と厚みが増したスプラッシュ!をぜひご覧ください。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/02(木)23:30
えのすい相模湾大水槽のダイビングショー「uogokoro うおゴコロ」は、夏休み中はザワザワとしたいつもと違う雰囲気のためなのか、いつもと寄ってきてくれるメンバーが違ってたりしましたが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽うおゴコロ、イシガキダイのモノドン、ミノカサゴのトロン

昨日は潜った瞬間にイシガキダイ「モノドン」ミノカサゴ「トロン」というおなじみのメンバーが待っててくれました。やった!

夏休みは、このとき周りに誰もいないこともあったりで冷や汗なこともありました。
モノドントロンも久しぶりですが、やっぱり頼りになります。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽うおゴコロ、イシガキダイのモノドン

この場合は、先にモノドンの相手をしないと、機嫌が悪くなってどっかに行っちゃうので注意が必要です。魚にも性格・個性があるのがよく分かるuogokoro
おねえさんの指に付いていってクルクルと回転。

手前を横切るアカエイは左胸にハートの模様があります。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽うおゴコロ、ミノカサゴのトロン

そして、トロンお待たせ~☆
泳ぐスピードは速くないトロンですが、一生懸命おねえさんについて行きます。
とても健気でかわいい。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽うおゴコロ、コバンザメのキューちゃん

夏休みは大活躍だったコバンザメ「キューちゃん」も登場。
コバンザメがこんなに勢い良く人間に向かって寄ってくるのは本当に新鮮。
スゴいぜ、キューちゃん

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽うおゴコロ、オセロ

安定して参加してくれるホシエイ「オセロ」
今年の夏に観た中では唯一の皆勤賞。おねえさんとはやっぱり仲良し。

ウツボ「ラックス」が出てこなかったのは珍しいですが、機嫌が悪かったというより、メンバーが足りていたので呼びに行かなかったのかもしれません。

一時期よりは安定してきたのかなというuogokoro
ぜひご覧になってください。


イシガキダイ(石垣鯛)[学名:Oplegnathus punctatus][英名:Rock porgy]
ミノカサゴ(蓑笠子)[学名:Pterois lunulata][英名:Lionfish]
コバンザメ(小判鮫)[学名:Echeneis naucrates][英名:Live sharksucker]
ホシエイ[学名:Dasyatis matsubarai]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/03(金)21:00
えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」でブランコに登場したオタリアトトロ。(9月1日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

カッコよく倒立! 顎がブランコに付いちゃってますが、ズルして楽してるわけじゃありません。いつもはもうちょっと前で倒立してるので、縁より前に顎が出ています。
オタリアでは一番体が大きく、体重も100kgを超えてるトトロなんです。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

そして空中に浮かんだブランコの上でも倒立! 決まってるぜ!
背後にかろうじて見える富士山。Hyper Ussura。ちゃんと見えてるかな、これ。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

ヨッ! トトロ、日本一! (n´∀`)η 拍手ぅ~!
さらに分かりにくい富士山。雪がなくて、黒い地肌に白い雲がまとわりついた感じ。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

ブランコが下がっていく途中で、何のサインも出てないのに、急に倒立をはじめるトトロ。なぜ? だけど普段と違う状況でも、全然恐怖心はないんだね。スゴい。
そんなトトロもかわいいね。 (´∀`*)

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

ガオゥッ! トトロの声も聞いてください!
女の子ですが、アシカは英語で海のライオンですから、やっぱり迫力あります!

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!オタリアのトトロ

ザバァッ! おにいさんと一緒に仲良くステージに帰還。

夏休みが終わっても大活躍の予感のトトロ。ぜひ応援してくださ~い!


オタリア(南米アシカ)[学名:Otaria byronia][英名:South American sea lion]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/03(金)22:00
新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル

ザシャアッ!

えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」のオープニングで、バンドウイルカシェリルに押し上げられてカッコよく登場したのは、メインMCを務めるベテランのおにいさん。

最近は若手の台頭著しいですが、負けているわけにはいきません!
イルカのおにいさんなので、いつまでも呼び方はおにいさんです。約束だよ! (´∀`)b
(9月1日のショーの模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!

だけど、新人から若手、中堅、ベテランと上手く噛みあって、ステキにショーを盛り上げていきます。気持ちはみんな同じです。素晴らしいね。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル

シェリルの後方宙返りを華麗に紹介。さすが! 様になってます!

それじゃ、いよいよ行きますよッ!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!

シュバッ!

またしても雲ひとつない青空。本当に青が目にしみる。やっぱり絵になるなぁ。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル

ザバァーーーッ!

シェリルに青空高く打ち上げられた大技の「ロケット」は迫力満点!
常日頃から練習を欠かさないんでしょうか。それとも今までの経験で練習しなくてもできちゃうんでしょうか。なんにせよ、スゴいですね!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

そんなおにいさんの活躍に応えるように、直後に張り切るのはオキゴンドウセーラーさん。さすがイルカ・クジラたちとの信頼関係では、まだまだ新しい世代を寄せ付けません。普段から、イルカ・クジラたちの方から寄っていったりして、超能力か魔法のようにも見えます。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン、ルイ、シェリル

ラストは3頭前方宙返りでバッチリ決めて花を添えます!
右奥からシェリルルイマリン

そんなわけで、誰がメインMCでも死角無しの安定・充実のスプラッシュ!
安心して楽しめますので、ぜひご覧になってくださいね!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/03(金)23:00
ヤツらとは・・・

新江ノ島水族館(えのすい)ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)標本

ミツクリザメ[学名:Mitsukurina owstoni][英名:Goblin shark]

えのすいのこの夏の企画展~世界に誇る相模湾~ “えのすい”の相模湾展“おどろきと発見の一日”に登場していた希少な生きた化石とも呼ばれる深海性サメ、ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)とラブカの標本のこと。

一応、企画展は8月31日で終了の予定でしたが、9月1日時点では会場の「なぎさラウンジ」は夏休みのままの状態。ひょっとしたら次の企画が行なわれる10月までこの状態なのかもしれませんが、ひょっとしたらもう撤去されてるかも。

新江ノ島水族館(えのすい)ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)標本

相模湾をながめるミツクリザメ。江の島沖の深海で漁獲されましたので、見つめる先が故郷なんでしょうか。もうちょっと東京湾よりの深海で発見例が増えています。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

ラブカ[学名:Chlamydoselachus anguineus][英名:Frilled shark]

こちらは相模湾を背にするラブカ。こちらの方が希少度が高いようです。
生きた状態では数年に一度というぐらいの発見頻度。

今月のテーマ水槽がちょっとスゴいことになってて、そちらともリンクしてる感じ。
テーマ水槽の内容が気に入る方なら、こちらのサメたちも好きなんじゃないかと思うので、できるなら継続展示してあわせて見ていただきたい気がします。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/03(金)23:59
えのすいでは、大好評の2種類のバックヤードツアーを9月に大開催!

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽バックヤードツアー

このポスターは! キャンペーンガールはバンドウイルカミレニーだ!
ミレニーの顔がこんなに大きく・・・。 (*´д`*) 実物の3~4倍だ。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽バックヤードツアー

夏休みに大好評だった「相模湾大水槽バックヤードツアー」は追加開催決定!
9月4・11・23・25日に開催。つまり18日を除く土曜日と、秋分の日の23日。

内容は夏休みと同様らしく、えのすい最大の相模湾大水槽の秘密の裏側がのぞけちゃうとても貴重な企画みたいだ。
開催時間は日によって13:20スタートか13:50スタートのどちらかで、ツアーの時間は約40分間の予定。

新江ノ島水族館(えのすい)相模湾大水槽バックヤードツアー

そして、新しく「イルカを知ってみようツアー」も開催決定!
こちらは9月5・12・19・26日。すなわち9月の日曜日。

イルカたちの泳ぐプールの裏側を大紹介する興味津々の夢の企画です。
開催時間は14:50スタートで、ツアーの時間は約50分間の予定。

ところで、オフィシャルサイトの「えのすいトリーター日誌」に、なにやらサプライズもあるかのような表記が。

こ、これは・・・
えのすいイルカ・クジラトレーディングカードとか作っちゃったのか!?
いきなりシリアスって・・・ちゃんとアザミミューもあるのか!?
エサバケツに巻いたテープの色まで分かるマニアックな仕様なのか!?
ひょっとしてシェリルカードがJリーグチップスの「カズ」カード並にレアなのか!?

超ハイメガ欲しいンですけどッ! 日曜日ばっかりズルい!
っていうか、平日でも手に入るようにしてください。本気でお願いです。
っていうか、ダブりとか出たら平気で引き取るから、わんさか連絡してねッ!



2つのバックヤードツアーで共通する参加条件は以下の通り。
各日15名限定で、自身で歩くことが可能な小学1年生以上が対象。
入場料とは別に参加料500円が必要で、その日の朝9:00から2階にある売店Tiny PIRATES (タイニーパイレーツ)でチケットを購入します。

う~ん、チケットが時間前に売り切れちゃう人気なのに、なんで開館と同時に販売なんだろう。チケットを求めて走っちゃうようで危険な気がするんですが。しかも館内の約半分の距離を。大丈夫かな。

参加希望の方は気を付けてね! 多分、走っちゃダメ!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
[9月はバックヤードツアー!]の続きを読む
2010/09/04(土)21:00
えのすいでは、夏の企画展の会場だった「なぎさラウンジ」がそのままの状態で維持されていたことをお伝えしましたが、新生物も登場していました。

新江ノ島水族館(えのすい)サビハゼ

サビハゼ[学名:Sagamia genetonema]

サガミモガニと交代で登場したのはサビハゼです。
やっぱり学名には「相模」が含まれています。

小さく可憐な感じのするハゼの仲間ですが、意外にもヒゲキャラ。下顎の辺りにたくさんのヒゲがあります。

浅い海の砂底で生活していますが、幼魚の頃は中層に群れになっているそうで、成魚になると底で生活し始めるんだとか。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/04(土)22:00
えのすいバンドウイルカミレニーが復帰したイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」ですが、まだジャンプ系は封印中。
だけど、しっかりと存在感を発揮してますよ! (9月1日のショーの模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、ルイ

お母さんのルイと泳いで競争に参加。
相手をするおにいさんが、やたらと準備に時間がかかると思ったら、なんと裸足に!
その方がドルフィンキックしやすいのかな?

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、ルイ

ルイミレニーペアで競争するときは、ミレニーがデリケートなためか大概人間側がルイになります。なので奥側がミレニー。普段と並び順が変わっています。
結局、1着ルイ、2着ミレニー、3着おにいさんです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

その後の担当もミレニーです。ヒャッホーーーッ! ヽ(´▽`)ノ
さすが調子は完璧じゃなくても頼りになるね。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

ミレニーに手を振り返してくださ~い!
ここは手首を脱臼・骨折するぐらい、思いっきり振っとけッ! ( *^∀^)ノシ

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

反対側も手を振り返してくださ~い!
って、どこまで行くの!? ミレニー! Σ(゚Д゚;)

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー

どこまでーーーッ!? 戻ってきてーーーッ! ミレニー! (´д`;)
本当に真面目な性格のミレニーなので、これも一生懸命の表れなんです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのミレニー、ルイ

というわけで、あまりヘビーではないパートでは、そつなくこなしてしっかり活躍のミレニー。仲良しのお母さんルイといつも一緒なのも心強いと思います。
ルイも夏休み後半は疲れてるように思いましたが、ミレニーが戻ってきて張り切って調子いいような気がします。スゴいね。

ミレニーって性格が真面目だから、ジャンプが解禁になったらすぐに全力でやっちゃいそう。充分に体力を回復して、万全の体調になってから挑戦して欲しいと思います。
それまで待ってるからさ、ミレニー! ヽ(´∀`)ノシ


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/04(土)23:00
えのすいで3月に生まれた2羽のフンボルトペンギンの子どもたち。
夏休み期間中に名前を募集していましたが、8月末で締め切られて現在選考中!
いよいよ来週の土曜日9月11日に、新しい名前が発表になります!

それでは、あらためて紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクの子、ウタの子

●左/ハク(母)&ジャンボ(父)の子ども(3月20日生まれ)
 それぞれパーツごとに丸みを帯びて、さらにラヴリィ度がアップしてる感じ。

●右/ウタ(母)&ポー(父)の子ども(3月24日生まれ)
 全体が丸みを帯びて、くいしんぼ&ズッコケのイメージが強調されてる感じ。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクの子、ウタの子

常にとことんラヴリィなハクの子(左)と、
常に「腹減った~」と言ってそうなウタの子(右)。

それにしても、なんでそんなに完璧に役割分担ができてるんだろう。そんじょそこらの駆け出しお笑いコンビでは全く歯が立たないほど、しっくりしてます。



いつもはズッコケシーンが多いので、たまにはとっておきのカッコいい写真を大公開!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタの子、ハクの子

・・・って、キミたち誰ッ! Σ(´Д` ) カッコいいぜ! なんかハードボイルド!

左がウタの子で、右がハクの子
いつになく精悍なイメージで、ズッコケキャラ脱却を図るウタの子ですが、実は食事した直後でお腹がポッコリしてるのは、せっかくだから内緒にしといてください。

しかし、ついについに名前が付きますよ。
一週間後かぁ~。スゴく楽しみッ! (*´▽`*)


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/05(日)22:00
本日2010年9月5日、えのすいバンドウイルカアザミが死亡しました。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアザミ

アザミは旧江の島水族館より、12年にわたってえのすいで暮らしてきました。
ショーで派手に活躍するというタイプのイルカではありませんでしたが、地道にトレーニングを重ねて「イルカと握手」などに参加していました。

7月の初旬に体調を崩して、ブリーディングプールからメインプールの左の区画に移って、調整をしているところでした。

写真は9月1日のアザミ。尾びれの先端が白くなっていたのが気になったんですが、ちょっと元気が出てきたのかなという動きも見せていたので、結果的にこうなってしまって非常に残念でなりません。

たくさんの素敵な姿を見せてくれて、ありがとうアザミ。安らかに眠ってください。
ご冥福をお祈りして合掌。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
2010/09/06(月)21:30
新江ノ島水族館(えのすい)逗子沖サンゴ水槽

ジュウジキサンゴ(十字黄珊瑚)[学名:Dendrophyllia arbuscula]
イボヤギ[学名:Tubastraea coccinea]
ムチヤギ[学名:Ellisella rubra]
フトヤギの仲間[学名:Holaxonia sp.]

シラコダイ(白子鯛)[学名:Chaetodon nippon][英名:Blacklion butterflyfish]
サクラダイ(桜鯛)[学名:Sacura margaritacea][英名:Cherry bass]

えのすいの逗子沖サンゴ水槽は一面の花畑のように美しいですが、この生物たちは花ではなく珊瑚。つまり植物ではなく動物です。不思議な感覚ですね。

シラコダイはチョウチョウウオの仲間ですが、地味目の配色。

おなじみのサクラダイは鮮やかなオレンジ色の体色に、桜の花びらを散らしたような模様がある可憐な魚です。

相模の海ゾーンの逗子沖サンゴ水槽で、ぜひ美しい情景をご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/07(火)21:30
えのすいのサメ専用水槽で掃除をしていたので紹介します。
ひょっとして、サメたちがいる水槽に人間が入るのは危険なので、別の場所にサメを移してから掃除するとか、金網みたいなので仕切って掃除するとかじゃないかと漠然と思ってたんですが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)サメ水槽掃除

普通に一緒に潜って掃除しています。意外といえば意外、納得といえば納得。ちょうど相模湾大水槽のショー「uogokoro うおゴコロ」と同じ酸素のタンクを背負う装備。

サメの歯はカートリッジ式にポロポロと生え変わるので、たくさん底に落ちていることも多いんですよ。それで作ったおみやげなんかもあるので要チェック。

自然界では人を積極的に襲う種類のサメの方が稀で、えのすいにいるサメたちも基本的には人を襲わない種類ですが、もしかしたらと思うと恐い。

新江ノ島水族館(えのすい)サメ水槽掃除

しかし、よく見ると警戒しているのはむしろサメたちのようで、普段は底でじっとしている小さい方のトラフザメも、両目で人間を観察できるような姿勢で遠巻きに泳いでいます。

新江ノ島水族館(えのすい)サメ水槽掃除

トラフザメは、ちょっと口がかわいいんですが、普段はほとんど見られない角度なので掃除シーンは結構貴重かも知れないです。

左上に見えているのは、水槽を出入りするときにトリ-ターさんが掴まるために、一時的に垂らしているロープです。

新江ノ島水族館(えのすい)サメ水槽掃除ツマグロ、ネムリブカ、トラフザメ

ツマグロ[学名:Carcharhinus melanopterus][英名:Blacktip reef shark]
ネムリブカ(眠鱶)[学名:Triaenodon obesus][英名:Whitetip reef shark]
トラフザメ(虎斑鮫)[学名:Stegostoma varium][英名:Zebra shark]

というわけで掃除終了。
この水槽の中では大きめで、ヒレの先が黒くなっているのがツマグロ
6月に生まれた2匹の仔ザメが、隣の珊瑚礁水槽で泳いでいます。

小さめで、逆に背びれと尾びれの先端が白くなってるのがネムリブカ
案外ずんぐりとした体型で、ドットパターンの模様なのがトラフザメ

こんな種類のサメたちに会えるので、ぜひご覧になってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/07(火)22:30
えのすいクラゲファンタジーホールに夏に合わせて登場した「柳幽霊」コンビ。

新江ノ島水族館(えのすい)キタユウレイクラゲ

キタユウレイクラゲ(北幽霊水母)[学名:Cyanea capillata][英名:Lion's mane]

「幽霊」や「ライオンのたてがみ」という恐い別名に違わず、強い毒を持っている危険なクラゲなんですが、それに反して・・・なんて美しいんだろう。

まるで水中に透明の花が咲いたよう。
この状態で傘の直径は20cm弱ぐらいでしょうか。

世界最大級のクラゲで、直径1mを超えるものもザラらしいんですが、その大きさだとまた印象が変わってくるのかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)ヤナギクラゲ

ヤナギクラゲ(柳水母)[学名:Chrysaora helvola]

こちらも美しいヤナギクラゲですが、やはり強い毒性を持っているので注意。

あらためて見ると、クラゲファンタジーホール最大の水槽にいる現時点でえのすい最大のクラゲパシフィックシーネットルと非常に良く似ています。
こちらが明らかに小型ですが、それ以外はかなり共通した特徴を持っています。

美しいものにはトゲがある。自然界では出会うシチュエーションはあまりないかと思いますが、充分に注意してください。
9月になってもあまり涼しくならないので、引き続き「柳幽霊」効果で、色んな意味でゾクッとさせてくれるでしょうか。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ |  次へ
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。