新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/01(日)00:00
★2010年08月の「えのすい」行事カレンダーです!

★夏の相模湾まつり in 新江ノ島水族館(7月17日~8月31日)

■8月のテーマ水槽:「海の周りで昆虫採集?」(8月1~31日)
■夏の企画展~世界に誇る相模湾~
 “えのすい”の相模湾展“おどろきと発見の一日”(7月17日~8月31日)



●今春誕生した二羽のフンボルトペンギン愛称募集!(7月17日~8月31日)

●マイワシの大群給餌体験(7月17日~8月31日)

●相模湾大水槽バックヤードツアー
 (7月17・18・20・22・23・25・27・29・30・31日、
  8月1・4・6・10・12~16・18・19・22・25~27・29・31日)

●えのすい朝市&漁師さんが教えてくれる魚のいただき方講座
 (7月19・26日、8月2・9・23・30日)
 ※漁が中止の場合は開催しません。朝市は商品がなくなり次第終了。

●えのすい相模湾クロスワードパズル(7月17日~8月31日)

●ベネッセスタンプラリー
 (7月17~19日、24・25・31日、8月1日、7~22日、28・29日)

●えのすいECOデー Vol.7(8月15日)

●えのすいビーチクリーン&ビーチコーミング(7月17日~8月31日)

●ニンテンドーDSを持って“えのすい”へGO!(5月6~8月31日)


営業時間:8月1~11日、17~31日→9:00~18:00
     8月12~16日→8:00~18:00

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
2010/08/01(日)22:00
えのすいでは現在、夏の企画展として7月17日より8月31日の期間で
~世界に誇る相模湾~ “えのすい”の相模湾展“おどろきと発見の一日”を開催中。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

ラブカ[学名:Chlamydoselachus anguineus][英名:Frilled shark]

その目玉の一つとして初登場のミツクリザメ(ゴブリンシャーク)の標本とともに、待望の再登場を果たしたのはラブカの標本。
両者とも「生きた化石」と呼ばれることもある希少なサメですが、どちらの標本も生きた状態でえのすいに収容され水槽で泳いだ個体であるところがポイント。

こちらのラブカは2008年4月2日に相模湾のヒラメ刺網漁で捕獲され、生きた状態でえのすいにやってきましたが、すでに衰弱していたため残念ながら翌4月3日の一日だけの展示となってしまいました。

その後、標本となり2008年の夏の企画展「深海生物展」で公開されて以来なので、2年ぶりの再降臨となりました。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

全体像は光の反射の関係でちょっと見にくいので、角度を変えるか近寄ると吉。
全長は163cmで、体重は9.3kg。

ミツクリザメより古代鮫の形質を色濃く残していて、かなり前方にある口や、細長い胴体、かなり後方にある背びれなど、現代のサメとの相違点が多く見られます。
エラ孔の溝は、普通のサメが片側5つですが、ラブカは片側6つあるのも特徴。

古生代デボン紀に生息していた初期のサメのクラドセラケ(Cladoselache)に良く似ているとされますが、共通点として先端に近い位置にある口と、歯の先が3つに分かれていることなどが挙げられています。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

前からはヘビっぽく迫力ある姿。口の上の黒い点は鼻。

そのクラドセラケに似ているといわれる歯ですが、臼歯のような大きめの基部に3列のトゲが規則正しく並んでいて、トゲは全て口の内側に向いています。
なんかちょっと歯ブラシが並んでるように見えなくもない。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

口の奥はこんな風になっています。じっくりとご覧ください。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

この角度で見ると一転して、ちょっぴりフレンドリーな顔。
ミツクリザメもそうですが、両者ともメスだからなんでしょうか。

新江ノ島水族館(えのすい)ラブカ標本

縦方向ではなく後ろ方向に長い尾びれ。泳ぎがあまり上手くなさそう。
なんとなくフカヒレっぽい質感・・・っていうかフカヒレで間違いではないんですが。

やっぱり見れば見るほど興味深いラブカの標本です。
この機会に、ぜひ多くの方にご覧になっていただきたいと思います。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/01(日)23:00
毎日暑い日が続いてますね。正直しんどいです。
水分補給を欠かさず、熱中症にならないようにお気をつけください。

えのすいの人とイルカのコラボレーションショー「ドルフェリア“ハーモニー”」から選りすぐりのシーンをお伝えしますので、涼しい気分になってくださいね。
(7月28日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

颯爽と登場のアクアンさんたち。16:00とは思えないほど明るいです。
もうすっかり海と一体。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

鮮やかな色彩が映える中、見事に2頭で前方宙返りが決まって序盤から好調です。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

仲良くイルカたちと遊びま~す。本当に楽しそうなので参加してみたい。
まるでテレパシーで通じ合ってるみたいに、イルカたちが反応してくれるんですが、実はアクアンさんたちの動作が色々なサインになっています。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

2頭でステージに乗って決まったね!

まあ様のお問い合わせの件ですが、右側がバンドウイルカルイなのはいいとして、左側はシェリルマリン

遠くて確認しづらいので断言はできないんですが、なんとなくマリンのように見える気がします。いつの間にか、こんなこともできるようになってたのかな!? マリン

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

ドバッと水を感じて涼しくなってくださ~い! もうこうなったら、莫大な量の水を身近に感じて、涼しくなるように自己暗示をかけることも必要です。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

空も青くて涼しげだなッ!
だけどやっぱり実際に目にした方が涼しいに決まってるので、ぜひえのすいに行って、夏休みシーズンは毎日開催のドルフェリア“ハーモニー”をご覧くださいね!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/01(日)23:59
えのすいで、現在の夏休み期間中は毎日開催中なのは、カマイルカが泳いでいるプールに潜ることができるイルカ水中観察「シーウォーカー in 新江ノ島水族館」です。

新江ノ島水族館(えのすい)シーウォーカー

ドライスーツを着れば服も濡れず、へルメットをかぶれば水中でも普通に呼吸ができるというハイテク機材を使って、カマイルカたちが泳ぐプールに潜って間近に観察できちゃうプログラムです。
ふれあい体験ではありませんので、ご注意ください。
入場料の他に別途料金が必要で、定員・条件等がありますので、興味のある方は公式WEBサイトで確認してみてください。事前予約も可能です。

新江ノ島水族館(えのすい)シーウォーカー、カマイルカのクロス、セブン

以前よりプールの水の透明度が低くなってます。なるほど。これなら、カマイルカたちも不必要に周囲に神経質にならなくて良いかもしれませんね。

こちらには2頭のカマイルカがいて、名前はクロスセブンです。
よろしくお願いします。

新江ノ島水族館(えのすい)シーウォーカー、カマイルカのクロス、セブン

まあ、まあ、お母さん、お母さん、せっかくの記念ではあるんですが、あまり窓にカメラを近付け過ぎないようにお願いします。
結構カマイルカたちはデリケートなので。

なんかセブンのヒレがケバだったような感じ。大丈夫かな。

その他の注意点として、カメラのフラッシュは必ずオフにしてください。
また囲いが付いた一段高くなったステージにも乗らないようにしてくださいね。
お願いします。

新江ノ島水族館(えのすい)シーウォーカー、カマイルカのクロス、セブン

カマイルカたちは水面より上から見てた方が落ち着く。
じゃあ、長丁場だけどセブンクロスも頑張ってね。


カマイルカ(鎌海豚)
[学名:Lagenorhynchus obliquidens][英名:Pacific white-sided dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/02(月)22:00
えのすいでは、ふれあいプログラム「イルカと握手」を年間を通して毎日開催中!
現在はイルカショースタジアム奥のブリーディングプールで開催されています。
(7月28日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

久しぶりに登場したのは、バンドウイルカ最年少2歳の女の子ピックです。
いやあ、本当にしばらくぶりだなぁ~♪

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

久しぶりとはいえ、練習はしていたのでバッチリ握手できてました!

もう一頭の担当はお父さんのパル
パル or ピックの二択ってすごいと思う。なんかデラックス。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー、ピック

途中からお母さんのミューと交代。
次の回の登場もなかったので、ピックと握手できた方はラッキーだと思います!

あまり無理しないで、ちょっとだけでも握手の担当をしてくれるのは嬉しいですね。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

交代した後は、元気にトレーニング開始のピックです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

だけど、途中でちょっと遊びに行っちゃいました。まだ握手体験開催中で~す。
魚を飛ばしてまた捕まえるのが、激烈流行ってます。

この後はちゃんとトレーニングに戻りましたのでご心配なく。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

せ~の、左向け~ (*´∀`*)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

左ッ!! ( *´∀)彡

賢く元気に成長中のピックで~す!



ふれあいプログラム「イルカと握手」は現在1日4回、各回先着30名限定、500円(税込み)の有料プログラムです。
チケットはイルカショースタジアムの売店Cue Cue (キュー・キュー)で販売。
注意事項もありますので、事前に公式サイトで確認してください。

必ずピックが出てくるわけではありません。
というよりむしろ少ないかもしれませんが、他のみんなパルミューシリアスも魅力的なので、安心して参加してくださいね。



おまけ

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー

ピックのお母さんミューの大きな舌をツンツン。もちろん、お客さんはできません。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/02(月)23:00
えのすいペンギンプールでは、今年3月に生まれた2羽のフンボルトペンギンの子どもが右側の特別区画で共同生活中。そして名前募集中!

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ 新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ

●左/ハク(母)&ジャンボ(父)の子ども(3月20日生まれ)
 物静かで行儀もいいけど、しっかりと自己主張もします。正統派のかわいさ。

●右/ウタ(母)&ポー(父)の子ども(3月24日生まれ)
 落ち着きがなく、くいしんぼで、ズッコケることも多いけど、そこがかわいい。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

一緒に泳いでみました。すごく仲良しっていうわけではないようですが、段々と距離感が縮まってるような印象で微笑ましいし、今後どうなっていくかも楽しみ。

左がハクの子で、右がウタの子。現在は顔で見分けられるぐらい差があります。
ハクの子は顎の下に黒い線状の模様が入ってます。
くちばしはウタの子の方が大きく、白い部分が多いです。



それでは今回も食事シーンから、それぞれの子供たちの性格の違いを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

左手前がハクの子で、右奥の巣箱の中でエサをもらっているのがウタの子。
交互に1匹ずつ魚をもらうのですが、ウタの子がエサをもらっている間は、ハクの子はおとなしく待っています。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのハクヒナ、ウタヒナ

そして、今度はハクの子がもらう番になると、ウタの子が追いかけてきてまたもらおうとします。このときハクの子はどっしり直立不動なのに、ウタの子はチョコマカ動いて一瞬も止まりません。

本当にキミって子は・・・。 (^д^;)
あまりに分かりやすくて、つい笑ってしまいます。



ところでジャンボは、やはり自分の子が心配なのか、たびたびこちらの区画の方に足を運んでいます。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのジャンボ

だけど仕切りがあるので、直接は会えません。
大きな声で雄叫びを挙げるジャンボ。涙ぐましいお父さんの愛。
なんですが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ、ハクヒナ

仕切りの向こうで耳を澄ましていたのは、我が子ではなくウタの子でした。
しかも、我が子は羽根繕いに夢中であまり関心がないみたい・・・。
ジャンボ父さん、無念。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのウタヒナ、ハクヒナ

なかなか絵になるコンビになってきたような気もする2羽の子どもたち。

名前の応募はえのすいの応募箱に直接投函するようになっていますので、直にかわいい姿を見た後に、ぜひステキな名前を付けてあげてください。


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/02(月)23:59
えのすいイルカショースタジアム左側の区画はショーに出演していないバンドウイルカたちが暮らしています。(7月28日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ、シャドウ、アザミ、ミレニー

夏休みシーズンで、ショースタジアム2階の張り出したデッキ部分に出店が出てるので、とても遠く見づらい。ここにいるのはアテネシャドウアザミミレニー

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアテネ

先週6歳になったばかりの飼育下四世の男の子アテネは、いつも通り元気でやっています。さらに色々とチャレンジして頑張ってね。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシャドウ

ショー出演はお休み中のシャドウですが、トレーニングはキビキビとしっかりこなしています。それ以外の自由時間では、泳がず浅瀬でじっとしていることが多いのが気になります。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのアザミ

アザミはキッチリやるときはやるけど、集中力が続かない感じ。
ちょっとムラっ気があって、トレーニングに参加しないような場合もあるので、しっかり食べてちゃんと体力をつけて欲しいです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミレニー

そして調子が上がってこないのがミレニー
トレーニング時も種目らしい種目をやらずに、体温測定とかが多いので心配。
じっくり休んで回復して欲しいですが、毎日暑い日が続いているので、もうちょっと涼しかったりするといいなという気になってしまいます。



イルカたちは喉が渇いたからといって、当然ですが海水を飲むわけではありません。
人間たちと違って、イルカたちの水分補給は魚を食べることに依存しています。

なので、なにより食べることが水分を摂取することにつながりますので、暑くて食欲が落ちる季節ではありますが、しっかり食べて暑い中を乗り気って欲しいと思います。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/03(火)22:00
本日はえのすいの飼育下三世バンドウイルカパルの誕生日です!

江の島花火

ひゅ~ッ .:*☆:・ж'゚。.:*:・'゚.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ ドンッドンッ!

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

ヒャッホーーッ! *・゚ヽ(´▽`)ノ ゚・* お~めでとう~!

というわけで、パルの誕生日に合わせて今夜は江の島で花火大会!
さすがパル父さん大物です! ・・・ってことにしておきたい。とりあえず。

パルは旧えのすいで1988年8月3日に生まれたので、今日でなんと22歳!
しかもパルの父親のパクが持っていた日本の水族館生まれのバンドウイルカの長生き記録を塗り替えて、現在進行形でバリバリ更新中の日本一のお父さんなんですッ!

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

やったねパル父さん! d(*´∀`*) グッ!

そう! 22歳の誕生日を迎えたことのある水族館生まれのバンドウイルカは、日本ではパルだけってことなので、非常に意義深い誕生日です。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

ふれあいプログラム「イルカと握手」にも参加して、元気だし、頼もしい限りのパル。しかし、自分が握手担当のときはいいんですが・・・

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス、パル、ピック、ミュー

シリアス(左)とミュー(右下の尾)の女性陣が担当だと、なぜかその間の狭いところにやって来るパル(中央)。
ちょっぴりお客さんの邪魔です。このときは2歳の娘ピック(右)までやって来て、結構なカオス状態。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

なんで、そんな隙間に行くかな~。

だけど、そうやって魅力的な女性を追いかけていくことが、元気の秘訣なのかもしれませんね。なんとなく、いじらしい感じもするパル父さんです。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

えのすいにいるすべての飼育下四世イルカマリンアテネピックのお父さんです。
厳しくて恐いという感じではなく、お茶目な感じがします。

それでは、あらためておめでとう! パル父さん! ヽ(´▽`)ノシ
これからも、ますます元気に存在感を発揮してね!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/03(火)23:00
というわけで、本日は江の島で花火大会だったので、えのすいの周りも大勢の人で賑わったのではないかと思います。

そこであらためてお願いですが、海の周辺で楽しんだ後に出たゴミは、そのまま放置せずに、必ずゴミ箱に入れるか持ち帰るようにしてくださいね。



これは、先週えのすいの屋外ウミガメプールで実際に起こったことです。
海側から透明のビニール袋がヒラヒラと舞ってきて、プールに落ちました。

新江ノ島水族館(えのすい)アオウミガメ

これは人間が見ればすぐに異物と分かりますが、ウミガメから見ると好物のクラゲに思えてしまうのです。それを口にして飲み込むと、当然ながら息が詰まり窒息死してしまいます。

ビニールが落ちた時点で、トリーターさんが素早く取り除こうとしましたが、このアオウミガメが口に入れてしまいました。
その後、もがくアオウミガメは端に寄せて、ビニールを口から引っ張り出して事無きを得ましたが危ないところでした。

新江ノ島水族館(えのすい)ウミガメプール

もしゴミなどが飛んできた場合は、タッチングプールに必ずスタッフの方がいるはずなので、すぐさま知らせてください。
それよりなにより、絶対にビニール袋は捨てないように、風にとばされないように管理してくださいね。本当にお願いします。

夏のバカンスでハメを外したい気分ではありますが、海をキレイに守るようにして、みんなで楽しく過ごした方が絶対にしあわせです。



本日の花火大会でも異物が飛んでこないか、ウミガメプールやショースタジアムでえのすいのスタッフの方々が監視していたのではないかと思います。ご苦労様です。
とにかく、なにも起こらないのがなにより大事。


アオウミガメ(青海亀)[学名:Chelonia mydas][英名:Green turtle]
アカウミガメ(赤海亀)[学名:Caretta caretta][英名:Loggerhead turtle]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/03(火)23:59
厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
やっぱり夏といえば水族館ということで、当ブログも熱を込めて
鋭意作成しておりますが、そのせいかいささかオーバーヒート気味です。

なので、これからも無理しない程度に頑張っていきたいと存じます。
つきましては、今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます。
まだまだ暑さが続くようですが、皆様におかれましては健康にお過ごしください。
                                2010年 夏



で、えのすいのシーンから暑中見舞いのハガキ風写真をつくってみました!

キレイなもの、かわいいもの、かっこいいもの、涼しげなものから、ちょっと嫌がらせっぽいものまで幅広く取り揃えてみたので、お好みで選んでね!
(写真をクリックすると拡大します)

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、相模湾大水槽
相模湾大水槽

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、ドルフェリア“ハーモニー”
ドルフェリア“ハーモニー”

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、スプラッシュ!
スプラッシュ!

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、ハナゴンドウのビーナ
ハナゴンドウのビーナ

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)
ミツクリザメ(ゴブリンシャーク)
※写真は色調整しているもので、実際の標本の色彩とは異なります。

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、フンボルトペンギンの子ども
フンボルトペンギンの子どもたち

新江ノ島水族館(えのすい)暑中見舞い、大漁シラスカレー
大漁シラスカレー


ダウンロードしてさんざんながめたり、お友だちに送ったりしてみよう!
解像度が高くないのと、文字を書く場所があまりないので、プリントには向きません。パソコンのメールに添付して送ったりするといいような気がします。

ですが、商用利用や転載、二次使用などは禁止とさせていただきます。
よろしくお願いします。

それじゃ、引き続き楽しい夏を元気に過ごしてね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
2010/08/04(水)22:00
えのすいでは現在、夏の企画展として7月17日より8月31日の期間で
~世界に誇る相模湾~ “えのすい”の相模湾展“おどろきと発見の一日”を開催中。

新江ノ島水族館(えのすい)カエルウオ

カエルウオ[学名:Istiblennius enosimae]

初めてカエルウオを見たときは、あまりに間の抜けた顔に生まれついたことを、とても不憫に思いましたが、いまではその顔がかわいくてたまらないようになりました。

名前通りのカエル顔で、口はいつでも半開き。

新江ノ島水族館(えのすい)カエルウオ

学名(種小名)に「エノシマエ」と付けられた超ご当地究極ジモ魚。
もう数百メートルな感じがヒシヒシ。

実際に江の島の岩場や潮溜まりで普通に見られるそうですが、警戒心が強くて人が近付くとすぐに岩の間などに隠れてしまうんだとか。

新江ノ島水族館(えのすい)カエルウオ

美形ではないけど、やっぱりなんとなくかわいい。
結構頭を上にしたポーズでいることが多いのは、その方が視界が広い警戒体制ってことなんでしょうか。

相模湾展でありながら、さらにピンポイントで江の島にゆかりのあるカエルウオですので、このチャンスにぜひご覧になってください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/04(水)23:59
えのすいで一年中大好評開催といえば、おなじみのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」です!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシェリル

さあ今日も始まるよ! って高ッ! Σ(゚Д゚;)

さて、それではいきなりグッドニュース!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシャドウ

ショーをお休みしていたバンドウイルカシャドウが帰ってきたよ!
やったーーーーーーーーーーーーッ!!! ヽ(*゚∀゚*)ノ

まずは落ち着けるように、水をかけてもらいながら。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシャドウ

ステージにも上がっちゃいます! 尾びれも伸びててキレイ!
お休み中は左の区画の浅瀬で、ずっとこのポーズをやってたシャドウです。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのシャドウ

回転系の大技はまだ披露していないもののジャンプは高く美しく跳べてます。
調子良さそうで決まってるね! シャドウ! (´∀`)V

まだ復帰したばかりですからね。慣れてくるうちに、前方宙返りやスピンジャンプなどの得意技も、披露してくれることと思います!

それに関連してなのか、さらに嬉しいニュース!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!

最近あまり活躍のなかったオキゴンドウセーラーが、積極的に参加してくれました!
出演メンバーは左からマリンルイシャドウセーラーシェリル(セーラー以外はバンドウイルカ。下2枚の写真も同じ並び)。

いやぁ、シャドウセーラーさんと並んでスプラッシュ!とは感慨深いなぁ。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!

マリンシェリルの先を行くシャドウセーラー(ルイもね)。なんかスゴいぜ!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!

そしてこちらのコーナーも最終的にはかなりカオス状態ですが、とにかく元気が出てます! 新しくなってから一番勢いがあったと言っても過言ではありません。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

ちょっとまだジャンプは低いですが、最近にはなかったようなやる気を見せるセーラーさん。色々な条件が重なっているんじゃないかと思いますが、またシャドウと一緒に出演というのが大きな要因なのは間違いないでしょう。やっと調子が上向いてきた感じでしょうか。

シャドウが戻ってきて嬉しいのはもちろんですが、このセーラーの突然の活躍には感動。実際に鳥肌が立ちました。

それでは最後にマリンシャドウでコンビジャンプ! 久しぶりッ!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン、シャドウ

復帰したてのシャドウ相手に、容赦なく高いジャンプのマリン

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン、シャドウ

本当に容赦ないな~、マリン。いつもそうではあるけれど。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!バンドウイルカのマリン、シャドウ

いや、少しは容赦しようよ。
だけどマリンも、シャドウが戻ってきて嬉しくて張り切ってるのかもしれませんね。

やっぱり2頭でジャンプするととても絵になります。キレイ!
楽しみが増えました!

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショースプラッシュ!オキゴンドウのセーラー

セーラーさんも最後までキッチリ参加。さぶいぼッ!

もう嬉しいやら、楽しいやら、頼もしいやらで、色々な感情がブワッと、しんみりと、じんわりと入り乱れて、言葉にはできない感じですが、とにかくしあわせなことには間違いないシャドウの帰還です。

いや、もう行ってください。会ってください。えのすいに。シャドウに。


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/05(木)22:00
えのすいのショー「スプラッシュ!」バンドウイルカシャドウが帰ってきた嬉しい話題を昨日お伝えしました。
そうなると当然、人とイルカのコラボレーションショー「ドルフェリア“ハーモニー”」にも登場です! (昨日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”バンドウイルカのシャドウ

いきなりお腹でステージをスライディング! スゴいよ、シャドウ! (*´д`*)

というか、アクアンさんが見分けられないヘタレで申し訳ないんですが、ひょっとしてこの写真の状況ってものすごくないですか!? 昨日ですよ!
(上の写真はクリックするといつもより派手に拡大します)

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

3頭でッ! カッコいい!!
左からマリンシャドウルイではないかと思います。
シャドウがセンター。 (*´д`*)

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

3頭でッ! スゴいぜッ!!!
左からシャドウマリンルイなのではと。
シャドウマリンが絡まってます。 (*´д`*)

そして、シャドウが活躍すればこの方も!

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”オキゴンドウのセーラー

ずっといたけど「帰ってきた!」という感じのオキゴンドウセーラーさん。
ジャンプはまだまだ低いけど、なによりこの前に出ようという姿勢、やる気です!
なんかね。ホロッとくる。 (つ∀`。)

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”バンドウイルカのシェリル、ルイ

シャドウの加入で余裕も出て、活力もアップしてる感のあるドルフェリア
シェリルルイの担当シーンも、雄大な景色を背景に完璧な展開です!

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”バンドウイルカのシェリル

ビビッド&ダイナミック! ドルフェリアならでは!
シャドウのおかげで、シェリルの負担も減った様子。ルイはさすがにちょっと疲れ気味のような気がするけど。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”バンドウイルカのシャドウ

ステキだな、シャドウ。 (*´д`*)

やはり前方宙返りやスピンジャンプといった技はまだありませんが、それでも充分過ぎる大活躍。シャドウがいるのといないのとでは大違い。なんとなく他の出演メンバーへの精神的な影響も大きいような気がします。かなり心強いシャドウの復帰です。

新江ノ島水族館(えのすい)ドルフェリア“ハーモニー”

お別れの挨拶も2頭でッ!

本当に余裕が出てきた。嬉しいシャドウの参加で、明らかに調子上向きのドルフェリア“ハーモニー”は、夏休みシーズンは毎日開催!
ぜひえのすいに足を運んで、ご覧になってください!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/05(木)23:00
えのすい「フィンズ」は、2種類ある相模湾大水槽ダイビングショーのひとつ。

新江ノ島水族館(えのすい)フィンズ

こちらのショーも相模の海ゾーンリニューアルと夏休みということで、大幅に新しい要素を採り入れてパワーアップ!

序盤はお話とクイズ中心なのは今までと同じですが、より相模湾と相模湾大水槽にスポットを当てた内容になっています。新鮮でスムーズに展開していきます。

新江ノ島水族館(えのすい)フィンズ、イセゴイ

イセゴイ(伊勢鯉)[学名:Megalops cyprinoides][英名:Indo-Pacific tarpon]

そしてダイバーさんがおすすめの魚を水中カメラでスクリーンに映し出していきますが、ダイバー担当と解説担当のトリーターさんごとにおすすめの特色が出て、バリエーション豊富です。

今回紹介されたイセゴイは、一見地味に見えるかもしれませんが、全身が銀色に光輝く神々しい魚。しかも、相模湾大水槽に一匹だけいる個体は旧えのすいからずっと暮らしていて、飼育歴がなんと25年!!!
相模湾大水槽の最長老なんです! かなりすさまじくスゴいです!
スクリーンに大きく映し出されたハイパーメタリックな雄姿を満喫してみてください。

その後はおなじみのリクエストコーナー。特に夏休みのチビッコは積極的に手を挙げて、自分のお気に入りの魚を大きく映し出してもらおう!

新江ノ島水族館(えのすい)フィンズ

続いては新機軸「魚の気分になって、海の中を散歩してみよう」のコーナー。
相模湾大水槽の海底すれすれを、水中カメラで撮影しながらゆっくり移動。

海底に潜んだツバクロエイや、口を開いたウツボのすぐそばを、まるで泳いでるように通り抜けていくのがとても楽しい。

新江ノ島水族館(えのすい)フィンズ

そしてカメラはゆっくり浮上。相模湾大水槽の岩肌をアップで移していきます。
相模湾大水槽の内部にあるのは、本物の江の島の海中を再現するように作られた人口の岩ですが、リニューアル開館して6年が経過した現在では、何もしていないのに様々な生物が付着して、自然に近い状態になってきているんだそうです。

その生物の中には驚くべき生態を持ったものもいます。新兵器レーザーポインターも投入して詳細な解説がされるので、なるほどと聞き入りましょう。

新江ノ島水族館(えのすい)フィンズ、マイワシの給餌

最後の目玉は、ダイバーさんが水中にはいったまま、マイワシの大群への給餌!

変幻自在に群れの形を変えるのがマイワシの特徴ですが、いつもの比較的整然とした形と違い、このときばかりは騒乱状態で激しく鋭角的に形が変化!

さらに、おこぼれをもらおうと他の魚も集まってくるので、蜂の巣を突いたような大騒ぎの大迫力! くわえて水中カメラが別の角度からクローズアップして大追跡!
必見の特別サービスとなってます。

このような好奇心がかきたてられる構成は、まさに夏休みにピッタリ!
ぜひフィンズをみなさんでご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/08/06(金)22:00
えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」終了後のイルカたちによる水かけプレゼント「もうひとつのスプラッシュ!」ですが、水かけといったらやっぱりコレ! というあの光景に遂に遭遇! (8月4日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)もうひとつのスプラッシュ!セーラー

オキゴンドウセーラーさんがやる気出したってことはアレだよ、アレ!

一体チビッコ何人分なんだよっていうあからさまな巨体が宙に浮かびますが、これはほんの助走。これぐらいで悲鳴をあげてるようじゃ、まだまだヒヨッコだぜッ!
(`∀´) ケッヘッヘ!

この後、何が起こるか分かるかな!?

新江ノ島水族館(えのすい)もうひとつのスプラッシュ!セーラー

行っくよーーーーーーーーーーーーッ!!!!!

ここで、一瞬時間が止まります。空は真っ青、セーラーは真っ黒、頭の中は真っ白。
だけど、後悔してももう遅い。

新江ノ島水族館(えのすい)もうひとつのスプラッシュ!セーラー

グワッハッハッハ! (`∀´) 派手に水かぶっちゃったかな!?
だけどいい記念になったでしょ! やっと調子出てきたからかえって貴重です。



次の回は、セーラーさんはお休み。だけど、すごいラインナップ!

新江ノ島水族館(えのすい)もうひとつのスプラッシュ!シェリル、マリン、シャドウ

バンドウイルカシェリルマリンシャドウで水かけに行っちゃいま~す!
横向きで客席側に尾びれを振って、通り過ぎていきます!
復帰したてのシャドウも加わった3頭編成で超豪華!

・・・なんですが、水はあんまり跳ねなかった。

新江ノ島水族館(えのすい)もうひとつのスプラッシュ!ルイ

じゃあ、今回はバンドウイルカルイにたくさんかけてもらってください!
(`∀´) イッシッシ!

かぶった水はすぐ乾くけど、この夏の思い出は永遠にキミの心を潤し続けるだろう。
(ちょっとうまいこと言ってみました風味)

それじゃ「もうひとつのスプラッシュ!」にぜひ勇気を出して参加してね!


オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ |  次へ
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。