新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/01(土)00:00
★2009年08月の「えのすい」行事カレンダーです!

★サマーフェスティバル in 新江ノ島水族館 2009 開催中!(7月1日~8月31日)

新江ノ島水族館(えのすい)5周年ポスター

■8月のテーマ水槽:「納涼 お祭り金魚」(8月1~31日)
■「発見の小窓」水槽:磯のちいさなお魚図鑑(7月11日~)
■「食卓の魚」コーナー:旬を味わう(5月16日~)
■タッチングプール期間限定「ガラ・ルファ」登場!(5月9日~9月30日)

●TBS環境イベント「海から学ぼう地球の恵み」開催!(8月1・2日)
●ポニョがやって来る!in 新江ノ島水族館(8月1日~9日)

●サマーナイトアクアリウム(8月12日~16日)
●えのすいのイルカ展~イルカと仲良くなる10の秘密~(7月18日~8月31日)
●満一歳!バンドウイルカ「オリン」「ピック」の成長日記(7月18日~8月31日)

●ベネッセスタンプラリー開催(8月22~8月30日)
●えのすいWonder English Day開催(8月19日)
●えのすい海の学校 開校!(7月18日~8月21日)
●えのすい5周年!感謝企画
 えのすいオリジナル「イルカ携帯ストラップ」プレゼント!(7月18日~8月21日)

●第19回 えのすいビーチクリーン&ビーチコーミング開催(8月30日)

◎夏季限定ドルフィンホットドッグ発売(7月18日~)
◎イルカグッズコーナー登場


営業時間:8月1・2日、8・9日→9:00~19:00・
     8月3~7日、10・11日、17~31日→9:00~18:00・
     8月12~16日→8:00~20:00

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
2009/08/01(土)21:00
結構スゴいことになってるえのすいのイルカショースタジアムですが、その喧騒とはある程度距離を置いたブリーディングプールからの話題。

2頭の一歳バンドウイルカたちが大活躍する解説付き、テーマソング付きの公開トレーニングオリンとピックの成長日記に新アイテムが登場!(7月29日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのオリン

それは「台」です! まあ、なんと言ったらいいのか、つまり「台」です。
えのすいトリーターさんが乗って子イルカたちと遊んだり、子イルカが台に上がってきたりするようです。

まずは男の子のオリンが挑戦! 最初からお母さんのシリアスと離れて登場!
やった、成長してる!
大好きなホースで口の中に水かけや、棒の先に付いた白いターゲットで誘導しますが、なかなか台には乗りません。最近は慎重派と呼ばれているオリンなので、ピックに先んじての冒険は控えたいところ?

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

続いて登場は、成長著しい積極的な女の子ピック
鼻の穴から空気出しのサインは完全理解&完璧実行。この他に声出しや握手も披露。
それでは注目の「台」乗りはどうでしょうか?

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

って、ピック違ッ!それって齧るものじゃなくて乗るものだからッ!
さすがの天才少女ピックも支えのゴムの感触の方が気になって、台に乗るどころではないようです。食べないでね、ピック



その他の出演メンバーを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのシリアス 新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのミュー

左の写真はシリアスオリンと別々に登場になったので単独で紹介されるように。
右の写真はミューピックのお母さんですが、上顎の方が長い珍しいイルカなので最近案外プッシュされ気味。

そして2頭のお父さんのパルは、同じプールにいるのに・・・相変わらず紹介されません。パル父さんは明後日のお誕生日にあらためて特集!



新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのピック

距離をとる慎重なオリンと、積極的に齧るピック

子イルカたちに、本来想定した使い道とは異なって運用されるえのすい謹製らしい台。
やっぱり、こちらでも筋書き通りに事は運ばないのでした。だけど子イルカたちは、そんな様子もかわいいからいいよね!
それに、この段階があるから出来るようになったときの嬉しさもひとしお。
最終的にはオリンピックの成長が実感できるはず!



2頭の仔イルカたちが大活躍する解説付き公開トレーニング
オリンとピックの成長日記は、8月末までの期間限定開催!
時間は8月は月~土14:20~で約10分間です。
日・祝と8月12~15日、22日、29日はお休みですのでご注意ください。

果たしてNewアイテム「台」は攻略できるのか!
オリンピックの挑戦から目を離さないでください!
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/01(土)22:00
えのすいの今上陛下のご研究コーナーに、ベニサシコバンハゼが新登場!

新江ノ島水族館(えのすい)ベニサシコバンハゼ

ベニサシコバンハゼ(紅差小判鯊)[学名:Gobiodon histrio][英名:Broad-barred goby]

細長体型が多いハゼの仲間の中にあって、かなり珍しい縦長な平べったい体の形が小判という名前の由来でしょうか。
そして小判のようにスジ模様が入っていて、それが赤=紅色が差したようなんですから文句の付けようがありません。完璧なネーミングです。

新江ノ島水族館(えのすい)ベニサシコバンハゼ

ハゼの仲間たちはかなり敏感で、結構遠くからでもカメラを構えるとすぐ反応して瞬間移動のように姿を隠します。
その点、このベニサシコバンハゼは、おおらかというか大物というか、かなり近寄っても大丈夫。体長は3~4cmぐらいしかないのに、なんとなく大きく撮れました。

新江ノ島水族館(えのすい)ベニサシコバンハゼ

しかも上向き、下向きと色んなポーズまで取ってくれるサービスっぷり。上の写真は別に弱ってる訳ではないのでご安心を。

このコーナーは落ち着いた雰囲気なので夏休み期間のアツいえのすい巡りのクールダウンにもおすすめ。
ぜひ、このパールっぽい白地に薄紅色の淡い色彩が美しいハゼの仲間もご覧ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/02(日)21:00
さて、えのすいのショー「ドルフェリア“ハーモニー”」の記事の中でちょっと触れた
バンドウイルカスーが大暴れしていた理由ですが・・・
(7月29日の模様です)

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのスー、アテネ

久々にショー出演メンバーに抜擢されたバンドウイルカシャドウはメインプールへ移動。愛しのおねえさんシャドウが不在になったので、さびしい5歳になったばかりのバンドウイルカの男の子アテネ
そこでアテネが取った行動とは!?

こともあろうにバンドウイルカの最年長でリーダー格のスーにちょっかい。
当然拒否するスーアテネの間で水中の大乱闘が勃発。
あ~・・・( ´_`; )

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのスー、アテネ

人間の男性だとしたら、女性陣からは大ブーイングが巻き起こりそうなアテネの行動。

だけど人間と違って自分では抑えらなくて、本能の赴くままに生きてしまう感じでしょうか。若いイルカのオスとしては仕方がないことなんでしょうかねぇ・・・。
アテネは2歳の時にお母さんがいなくなっちゃったから、年上の女性に甘えたいのかも。
それにしても節操ないかな・・・。

しかし、スーも色んな意味で頭に来るのは当たり前だと思います。
腹の虫が収まらなかったのか、アテネへの威嚇なのか、その辺りが「ドルフェリア」の最中に後ろで大暴れしていた理由じゃないかと。

ちなみに一緒のプールにいたバンドウイルカアザミは我関せずで黙々と泳いでました。

新江ノ島水族館(えのすい)オキゴンドウのセーラー、ハナゴンドウのビーナ

この騒動を境目越しに、つぶさに見ていたオキゴンドウセーラーさんが、

「やっぱり男はダメ! 女だけで生きてくしかないわ」

と思い立ってシャドウを誘い、そこにハナゴンドウビーナが便乗して
『フリーダム・スリー』(勝手に命名)が結成されたとか、されないとか・・・
まことしやかに噂されています。

悲喜こもごものイルカたちクジラたち、ぜひえのすいで会ってください。
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

オキゴンドウ(沖巨頭)
[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

ハナゴンドウ(花巨頭)
[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/02(日)22:00
タグの色が「オレンジ色」になったえのすい生まれフンボルトペンギン「コハク」ですが、この色って太陽をイメージさせる活発で元気いっぱいな感じがしてステキだと思いませんか。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのコハクとチョキ

同じく太陽を感じさせる「黄色」のタグを付けた「チョキ」と意気投合したのか、一緒になって真夏の陽光がきらめくキラキラのペンギンプールを元気に飛ぶように泳ぎ回ります。
タグというのはペンギンたちの色付きの識別標ですが、この色もペンギンたちの個性の一部になってるみたいで楽しいです。

新江ノ島水族館(えのすい)フンボルトペンギンのコハクとチョキ

上がコハクで、下がチョキ。ホントにポカポカキラキラのお日様燦々が似合う2羽です。
なんとなく見てるだけで幸せな気分になれるでしょ! 実際に動いている姿はえのすいでご覧になってください。

夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


フンボルトペンギン[学名:Spheniscus humboldti][英名:Humboldt penguin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/03(月)21:00
えのすいのクラゲファンタジーホールからシロクラゲを紹介。

新江ノ島水族館(えのすい)シロクラゲ

シロクラゲ(白水母)[学名:Eutonina indicans]

小さいクラゲコーナーに展示。
やっぱり白いから白クラゲなんでしょうけど、白いクラゲなんて他にもいそうですが命名は早い者勝ち? 確かに、他のクラゲでは赤系が多い生殖腺という4本の内臓が、このクラゲの場合は白いので納得は納得。



ところで、クラゲファンタジーホールには今、あの子が来てるはず(こちらを参照)なので、クラゲファンタジーホールは大賑わいだと思います。
というわけで今週はプチ・クラゲ特集。

「あの子」は9日までの限定滞在なので見逃さないでね!

その他にも見どころいっぱいのクラゲファンタジーホールを、ぜひご覧ください。
夏休みはクラゲを見に「えのすい」へGO!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/03(月)22:00
えのすいオリンとピックの成長日記が行われるブリーディングプールで
本日誕生日を迎えた重要イルカは・・・

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

今日で21歳! みんなのお父さん、飼育下三世イルカのパル父さんで~す!

パルが生まれたのは1988年8月3日9時58分だそうです。なぜ、そんなに正確に分かっているかというと、旧えのすいで10時のショーが始まる2分前に突然生まれたから。当時はイルカが妊娠しているのかどうかが精密に判別できなかったんだとか。
その後はショーにならなかったらしいんですが、そんな場面に立ち会えたら充分元が取れる上にお釣りが来ます。
さすがパル父さん、ダイナミックな誕生です。

父親は水族館生まれの飼育下二世イルカのパク、母親はルカ。実は「ク」と「カ」の1文字ずつを取って「バル」という名前なんです。

好評開催中のえのすいのイルカ展~イルカと仲良くなる10の秘密~でもピックアップして解説されてますが、父親のパクの持っていた日本の水族館生まれのバンドウイルカの長生きの記録20年と6ヶ月と3日(7489日)を、今年の2月に塗り替えて現在も堂々と更新中。 ヨッ!日本一!

そして、世界初の飼育下四世イルカのマリン、リニューアル後初の四世アテネ、1歳になったばかりのオリンピックと、えのすいにいる全ての四世イルカ4頭のお父さんでもあります。

新江ノ島水族館(えのすい)バンドウイルカのパル

というように、かなりスゴい経歴の持ち主のパル父さんなんですが、
なんか普段のえのすいではかなり扱いが小さいんです。

2頭の仔イルカたちが大活躍する解説付き公開トレーニングオリンとピックの成長日記が開催中のブリーディングプールには子イルカ2頭とそれぞれの母親に加え、パル父さんの5頭がいるわけですが、成長日記で他の4頭が紹介されるのにパルだけ紹介されません。

写真は成長日記の最中に撮影したものですが、実はひっそりと色々とこなしているので「あそこにいるのがオリンピックのお父さんのパルで~す!」と一言だけ言ってくれればいいような気がするんですが・・・。
わざと紹介していないとしか思えないのが、かなり謎。なぜ?

特徴は、くちばしのような部分「吻先」が太くて短く、体が大きいので見分けられます。っていうか、成長日記で唯一紹介されないのがパルなので判別可能。
(;_;) そんな見分け方って・・・。

ところで'88年8月3日生まれなので、
「パ、パパさん!」という語呂合わせで覚えてくださいね!

というわけで、えのすいに行ったらパル父さんにもご注目ください!
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/04(火)20:00
本日、えのすいのある江の島では花火大会! 19:15~20:15に合計5000発の花火が! 今まさにえのすいの目の前の海上で打ち上がってます!
なので、今日はえのすいにも浴衣姿のお客さんが、多数詰めかけていたことと思います。

ところでイルカを始めとしたえのすいの生物たちは、目の前で大きな音と鮮やかな色彩で次々と打ち上がる花火を、どう感じているんでしょうね。



さて、話は変わりまして、えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ!」で大活躍しているバンドウイルカシェリルの話題。
なんでも器用にこなすシェリルですが、苦手な種目もあります。

それが「口開け」です。サインに反して開かなかったり、半開きなこともしばしば。
そんな状況の打開策のひとつはバンドウイルカシャドウに先に口開けさせること。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!シャドウ

はい口を開けました。こちらがシャドウです。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!シェリル

負けじと口を開けました。こちらがシェリルです。
って、ほとんど見分けがつきませんが、合ってるはず・・・。

この2頭は一緒にえのすいにやって来た同期ですが、何でも覚えて器用にこなすシェリルと、おっとりとマイペースのシャドウは対照的。
天才肌のシェリルに対して、天然肌のシャドウなんです。

シャドウに出来ることがシェリルに出来ないなんて、シェリルのプライドが許さない!? のでバッチリ口を開いてるような気もします。
だけど、シャドウもマイペースで頑張ってますので、応援よろしくお願いします!



ちなみにシェリルは「口開け」が苦手って言っても不得意なんじゃなくて嫌いなんだというのが通説。
というのも外見に特徴らしい特徴が無いシェリルは、他のイルカと見分けるのも一苦労。ですが舌の上に黒い点々模様があるのが最大の特徴ということなので、分からないときはいざとなったら「口開け」で確認できるのです。

だけど、これを連発されたらイヤになるのは無理もありません。顎も疲れるだろうし、加えて「自分のこと覚えてくれてないの?」とアイデンティティが揺らいでイラッとするかも。そして、シェリルは「口開け」よりも、もっと大技を披露したいんじゃないでしょうか。だから、色んな意味で嫌いっぽいです。
けれども「バンドウイルカには上下合わせて約80本の歯が生えています」っていうのを、お客さんにお伝えするのも必要だから協力してねシェリル

シェリルはショーでは見分ける以前にものすごく張り切ってて出番も多いから、分かっちゃうと思います! ぜひ注目してください!
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/04(火)21:00
ゴールデンウィーク(その1その2)に続いて、夏休みにも再登場して元気にえのすいで開催されているイベントは「えのすい海の学校」! 相変わらず大々的に開校中!
協力は前回同様中萬学院グループ

新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

この気合いの入ったエントランスゲートを見かけたら迷わずにくぐれ!
っていうか入場料は払ってね!

新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

看板やポスターも相変わらず大充実! カッコいい&かわいい!



新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

内容はすっかりおなじみ! 館内各所に海をテーマにした国語、算数、理科、社会の各科目の授業をパネルで展開。学びながら楽しめる館内巡回体験学習プログラム。
前回とパネルの設置場所が微妙に違うので気を付けてね!

新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

各科目の構成も前回とはちょっぴり変更。写真やイラストも、たくさんでにぎやかに!
問題数が大幅に増えて、基本的にその場で正解と詳しい解説が見られるよ。だけど各教科1問だけ「修了テスト」問題は、後で答え合わせをするようになってます。

新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

全部3択問題なので、気軽にチャレンジしてね。
さらに小さい子でも楽しめるような2択問題が下段に設置されて、前回の「雑学王コース」みたいな歯ごたえのある問題に取って代わりました。

子供も大人もみんなで楽しめるのに加え、まだ小学校に入学する前の小さいお友達も一緒に参加できるようになりました!

新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校  新江ノ島水族館(えのすい)えのすい海の学校

今回の解答用紙はタイムスケジュールの裏側になっているよ!
4教科の「修了テスト」問題の解答をどんどん記入していこう!
環境水槽近くの解答コーナーで答え合わせをしたら、解説プリントを1人1枚もらって、解答用紙に修了スタンプを捺してね! 以上で終了です。お疲れさま!



というわけで、今回も楽しみながら色々な知識を得られる「えのすい海の学校」です。えのすいとともに、前回同様に協力の中萬学院グループさんに感謝の気持ちを表したいのですが・・・。

やはり学習塾・進学塾の会社なので、具体的な接点がありません。感謝の気持ちを飲み物をガブガブ飲むことで示せる会社じゃないので、例によって微力ながらこの場で宣伝活動をさせていただきます。

難関校受験に挑む小学生・中学生・高校生をサポートする学習塾・進学塾なら
「中萬学院グループ」以外考えられないねッ!


ほんとに歳が歳なら、速攻で夏季講習を受けてるところだってば。
楽しいイベントに協力くださってありがとうございます。

それでは、みなさんも「海の学校」に、ぜひチャレンジしてみてください!
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/04(火)22:00
クラゲファンタジーホールから、新着! えのすい初登場のクラゲを紹介!

新江ノ島水族館(えのすい)キタカミクラゲ

キタカミクラゲ(北髪水母)[学名:Polyorchis karafutoensis]

えのすいでもおなじみのカミクラゲとそっくりで、名前も上に「北」が付いただけなので、近い仲間ということが一目瞭然。
やっぱり神々しい感じの外見ですが「神」クラゲではなく「髪」クラゲ。繊細な触手が髪の毛のように見えます。

新江ノ島水族館(えのすい)キタカミクラゲ

傘の下側から見たところ。照明も幻想的でファンタジー。

江の島近辺で冬~春に見かける(普通の)カミクラゲに対して、キタカミクラゲは「北」と名前が付いている通り、生息域は北海道をはじめ、学名にも付いている「樺太」にかけて夏に見られるみたいです。

展示になってるキタカミクラゲたちは北海道の網走で採集されたんだとか。
クラゲファンタジーホール内の柱近くの小さな水槽での展示です。

新江ノ島水族館(えのすい)キタカミクラゲ

「あの子」来訪中で盛り上がってそうなクラゲファンタジーホール。
ぜひ珍しくてキレイなクラゲたちにも注目してくださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/05(水)21:00
本日は新江ノ島水族館より、交響曲「uogokoroのテーマ」をお送りいたします。
指揮は「食卓の魚コーナー」のウチワエビ
その華麗なタクト捌きにも、ご注目ください。
それではどうぞ。
※若干手ブレあり、音声が出ますのでご注意ください。



ご静聴ありがとうございました。
指揮のウチワエビにも、今一度大きな拍手をお願い致します。

新江ノ島水族館(えのすい)食卓ウチワエビ

この後も、新江ノ島水族館でごゆっくりお楽しみください。


ウチワエビ(団扇海老)[学名:Ibacus ciliatus][英名:Japanese fan lobster]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/05(水)22:00
相模湾大水槽と並んでえのすい屈指のヒーリングスポットなのがミズクラゲ水槽。

新江ノ島水族館(えのすい)ミズクラゲ

ミズクラゲ(水水母)[学名:Aurelia aurita]

普段はクラゲファンタジーホールのミズクラゲ水槽前の椅子に座ってボーッとしているだけでも、かなりの癒し効果が期待できます。
ですが、大混雑の今の時期はそれも難題。いっそ水槽のガラス面にピッタリくっついてミズクラゲを見上げる感じで眺めて、癒し&涼を得ましょう。

それに隣に「あの子」が来てるから、なおさら賑やかさに拍車がかかってる状態。
普段とはかなり違う雰囲気の現在のクラゲファンタジーホール。
そんな今だけ感を充分に感じて、目一杯リフレッシュしてくださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/05(水)23:59
えのすいのイルカショースタジアムを席捲してきた『フリーダム・スリー』 (勝手に命名)ですが、本日の13:30の人とイルカのコラボレーションショー「ドルフェリア“ハーモニー”」をもって、ショーの妨げとなる団体行動を休止しました(一部希望的観測含む)。

今回は、そのショーの模様をお伝えします。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのドルフェリア“ハーモニー”

玉に乗って出てきた紫アクアンさんを、なぜか押し戻すバンドウイルカシャドウ

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのドルフェリア“ハーモニー”

そして、なぜか押し戻す進路をブロックするオキゴンドウセーラー
前門の天然、後門のナスビに、為すすべなしのアクアンさん。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのドルフェリア“ハーモニー”

さらに、なぜか何の脈絡もなくジャンプを始めるハナゴンドウビーナ
まったくもって唐突で、ショーの演出としては気が遠くなるほどアヴァンギャルド。カオスここに極まれり。キミたち、ホントに自由だね。だけど天才かも。

その後は、例によって他のイルカが出てきて玉を押していって問題なし。
思えばこれが『フリーダム・スリー』の最後の大暴れになりましたとさ。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのドルフェリア“ハーモニー”

夏休みで超満員のお客さんの期待に応えて、その後は大活躍のシャドウ
アクアンさんたちのシンクロナイズドスイミングパートもつつがなく進行。

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのドルフェリア“ハーモニー”

そして最後は舞うシャボン玉の中を突っ切る3頭ジャンプ!
そんなこんなでスタジアムは割れんばかりの大拍手に包まれました!
やっぱり、この方がいいよね。



『フリーダム・スリー』からのメッセージ

新江ノ島水族館(えのすい)オキゴンドウのセーラー、ハナゴンドウのビーナ、バンドウイルカのシャドウ

「わたしたちは、3頭で集まってショーの邪魔をするようなことは卒業します。並んで泳ぐのも、休み時間だけにします。ですが、わたしたち『フリーダム・スリー』は永久に不滅です。これからも応援よろしくお願いします」

というようなわけで、これからも仲良し3頭組は変わらずに、ショーではそれぞれが大活躍してくれることを願ってます!

夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

オキゴンドウ(沖巨頭)
[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

ハナゴンドウ(花巨頭)
[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/06(木)20:00
えのすいのイルカ with アシカのパフォーマンス「スプラッシュ! Splash!」はフリーダムな行動が鳴りを潜めて、なぜか途端に絶好調の鯨コンビが大活躍!
(昨日の15:00のショーの模様です)



それでは、みなさん行きますよ~! 覚悟は出来ましたか~!?

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!セーラー

せーーーーーのッ!

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!セーラー

夏だ! 夏だね!! オキゴンドウセーラーのこれを見たら、あらためて夏を実感!
バケツをひっくり返したどころか、10トントラックをひっくり返したように降り注ぐ水を、頭からかぶる心の準備ができたらスタジアム最前列へGO!

このジャンプも久しぶり! すごく見たかったのに案外やらないセーラー
見られて感動なのはもちろん、セーラーの好調も実感できて感動!



そしてハナゴンドウビーナも!

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!ビーナ

やたらと高いジャンプ! 今まで見たビーナのジャンプの中では一番高くまで上がってます。ものすごい好調&張り切りよう。

今までさんざんショーを引っかき回しておいて、ちょっとずるいような気もしますが、見応え満点のパフォーマンスを披露する2頭に注目ください。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!

出演メンバーは左からセーラーバンドウイルカミレニーシェリルマリンシャドウルイ、そしてビーナと先週と変わらないメンバーですが、こうやってきちんと揃って並んで声出しと尾びれ打ちをしたのも随分ご無沙汰でした。

さてタイトルは鯨(クジラ)が高くて、豚(海豚=イルカ)が低いとなってますが、イルカたちがダメだったっていう訳ではなく、さすがにイルカたちも真夏に繰り広げられる連日のショーで疲れ気味ってことです。



〈今週のお疲れさんたち〉

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!ルイ

ルイのロケット。合格点だけど、ちょっと角度と勢いが足りなかった感じ。
ルイは全般にジャンプが低くなってきていて、結構疲れてそう。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!

八面六臂の大活躍のシェリルは好調をキープしてますが、得意の後方宙返りも若干低く、前後に流れる感じ。だけど後方宙返りっていったら、ある意味それが普通なのでスゴいジャンプに変わりはありません。
逆に普段やっているコンパクトなプールに合わせて上方向に高くジャンプをコントロールして、ほぼ同じ位置に落下しているフォームが、いかに天才的かがあらためて分かります。
しかし、さすがのシェリルも疲れてます。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!ミレニー

逆に先週より調子いいのがミレニー。先週はジャンプも低く、体をピンと伸ばしたジャンプのフォームも出ませんでした。かなり低調に見えましたが、ミレニーは普段が一生懸命過ぎるのでそれでもちょうどいいぐらい。
今回は写真のようにキレイに体が伸びてますが、疲れはたまってそう。



控えにスーがいるので安心ですが、そろそろ誰かが交代で休んだ方がいいような気がします。まだ夏休み期間は半分も消化してないし。
スーが調子よくないなら、6頭編成でも構わないと思いますけど。

新江ノ島水族館(えのすい)スプラッシュ!

ラストの3頭ジャンプはルイミレニーマリン
ランダムなバラけ具合が、個人的には逆に新鮮。

ちなみに締めのジャンプはシャドウのドリル状に回転するジャンプ。
マリンの調子は可もなく不可もなく。シャドウは好調気味。

暑い中、連日頑張っているクジラ・イルカを応援に駆けつけてください!
夏休みはえのすいで思いっきり楽しんでくださいね!!


オキゴンドウ(沖巨頭)[学名:Pseudorca crassidens][英名:False killer whale]

ハナゴンドウ(花巨頭)[学名:Grampus griseus][英名:Risso's dolphin]

バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2009/08/06(木)21:00
先月末、日本人宇宙飛行士の若田光一さんが、予定より長い4ヶ月半の宇宙滞在から無事帰還しました。日本初の有人宇宙施設「きぼう」の完成など輝かしい業績を残しての凱旋となりました。本当にお疲れさまでした!



さて、話は変わりましてえのすいの冷たい海コーナーのマツカワさんの話題。といっても松川という名字の人間ではなく、カレイの仲間のマツカワさんです。

新江ノ島水族館(えのすい)マツカワ

マツカワ(松皮)[学名:Verasper moseri][英名:Barfin flounder]

勢いよく飛び立って、上空高く泳いでみました。普段は海底の砂と一体化してカモフラージュしていますので目を凝らして探してみてください。

珍しくさんざん泳いでみたまではよかったんですが・・・。
最近、混雑気味のこの水槽なので泳いでいる間に、他の生物たちが集まってきて着地点が見つからなくなってしまいました。

仕方がないので、よっこらしょ・・・。

新江ノ島水族館(えのすい)マツカワ

こちらは無事帰還とはいかなかった模様。っていうか大迷惑。

しかし、実はかなり大きいマツカワさん。なんか、まだ伸びてるような気もします。
ひょっとして3年前ぐらいにいたカレイの仲間と同一魚物なんでしょうか? だとしたら、そのときは15cmぐらいだったので、ものすごい成長っぷりです。

泳いでいる姿はあまり見られないので、出会えたらラッキーって思ってくださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ |  次へ
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。