新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/01(金)00:00
★2006年12月の「えのすい」行事カレンダーです!

★メリークリスマス in 新江ノ島水族館 2006 vol.2 開催!

新江ノ島水族館(えのすい)へんないきもの展パネル

“えのすい”の へんないきもの!?展

■12月のテーマ水槽:「“えのすい”の へんないきもの!?」〈クリスマス編〉
           (12月1~25日)
■1月のテーマ水槽:「開運2007」(12月26日~1月31日)
■「発見の小窓」水槽:“えのすい”の へんないきもの!?ミニサイズ編
           (11月1日~12月25日)

●えのすい恒例!「クラゲのグラスツリー」ブルーバージョン(12月1~25日)

●メリークリスマス!「クリスマスイベント!」
 合言葉は「メリークリスマス♪」/えのすいサンタと遊ぼう!(12月23・24日)

●クリスマスバージョンの「大水槽のショー」うおゴコロ/フィンズ(12月1~25日)

●3年ぶりに復活!へんないきもの代表
 「デンキウナギのクリスマスツリー」(11月1日~12月25日)

●お客様が選ぶ“えのすい”の
 「へんないきもの!?」人気投票!! (11月1日~12月25日)

●アクア・ツリー(11月1日~12月25日)

●えのすい会員「ご同伴者半額キャンペーン」(12月1日~1月31日)

◎クリスマス限定!!「ツリーソフト」(11月1日~12月25日)
◎「へんないきもの!?」おみやげ編
 早川いくを著のベストセラー本!!「へんないきもの」「またまたへんないきもの」
 へんないきものフィギュア「へんないきもの〈お菓子入りフィギュア〉」


営業時間:12月1~3日、6~29日→10:00~17:00・
     12月30・31日→9:00~17:00
※12月4日(火)・5日(水)の2日間は、館内メンテナンスのため休館です。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
※展示・内容は変更になった場合があります。
スポンサーサイト
2006/12/01(金)04:10
新江ノ島水族館(えのすい)ナメダンゴ

ナメダンゴ[学名:Eumicrotremus taranetzi]

ナメさん、ちぃ~す。あれからその後、調子どうっスか?
おや? ウンコついてますよ、アハハハハ!(鼻クソをほじりながら)

ナメダンゴ「お前、完璧にナメてるだろ!?」

いやぁ、オレンジ色で必要以上に丸い直径2~3cmの魚に、
そんなに気を使うこともないかなぁ~なんて思ってぇ~。

ナメダンゴ「コイツ、完璧にナメてやがる・・・」

ナメてたら、どうだっていうんスかぁ~?

ナメダンゴ「ちきしょう!こうなったら・・・おーい!お前ら出て来ーーーい!」

Σ(´゚д゚`) !?

新江ノ島水族館(えのすい)ナメダンゴ四天王

ナメダンゴ「驚いたか!? ナメダンゴ四天王だよ! 」

いや、四天王って・・・3匹しかいませんけど・・・。

ナメダンゴ「い、1匹、甥っ子が幼稚園の卒園式だから出かけてるんだよ!」

・・・12月なのに卒園って、しかも甥っ子って、意味分からん。

ナメダンゴ「よ~し!お前ら、
コイツをギッタンギッタンのメッタンメッタンにしちまいなーーー!」


ヒィッ!

ウスメバル「・・・はぁ!? ウチら挟まるのが好きだからここにいるだけなワケで、
アンタの命令を聞く筋合いは別にないっしょ」

ナメダンゴ「エーーーッ! そうなのーーーッ!?
なんかいっつもいるから、てっきり親衛隊かなんかだと思ってたのに・・・」


あぁ~、ナメさんも結構大変なんスねぇ・・・。
なんか頑張ってるのに。
・・・って、ハッ! 今ものすごく大切なことに気付いたような気がします!

「へん」だろうが「チンチクリン」だろうが、頑張ることが大切なんですね!
それが「“えのすい”の へんないきもの!?」展のテーマなんですね!
これからは心を入れ替えて、ナメダンゴさんを応援しますよ!

ナメダンゴ「なんか最後まで、ナメられてるような気が・・・」

引き続き12月も「 “えのすい”の へんないきもの!?展」でGO!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/02(土)23:01
2006年12月の「えのすい」テーマ水槽:
「“えのすい”の へんないきもの!?」〈クリスマス編〉 その1


トップバッターは引き続き登場のエイリアン顔で「へんないきもの」掲載のコレ!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものワラスボ

ワラスボ[学名:Taenioides limicola]

前回と違い、ちょっとイヤ~ン!な感じの写真をチョイスしてみました。
ワラワラと密集して、ニョロニョロとうごめく様が嫌悪感を誘って
ワラスボらしくて、ある意味いい感じです。
結構な数が揃ってます。有明海の地元コンビニで干物が売られているからには
希少生物ではないんでしょうけどね。
飼育は大変じゃないのかな? (噛まれないか心配)

なんのかんの言って、最終的にはスゴい顔! 割とショッキング!
当然、見る人によってはグロなので、顔がアップの写真(前回とは違うもの)は
例によってワンクッション置きます。
心の準備ができた方だけ、↓をクリックしてください。

((((( ;゚Д゚ ))))) ワラスボの顔のアップ写真 ((((( ゚д ゚; )))))


※06年12月のテーマ水槽の概要は、後日の記事で別項を設けます。
(C)早川いくを/寺西 晃/バジリコ

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/02(土)23:59
新江ノ島水族館(えのすい)食卓ソウシハギ

ソウシハギ(草子剥)[学名:Aluterus scriptus]

えのすいの「食卓の魚」コーナーにいるソウシハギは、体の大きさの割には尾が大きく、長い顔に下唇が飛び出した個性的な顔立ち。

だけど前下方から見ると・・・

新江ノ島水族館(えのすい)食卓ソウシハギ

案外、普通の顔!? 目が大きいけど。
みなさんも、ぜひ、見てくださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/03(日)04:56
「“えのすい”の へんないきもの!?展」が大大大好評開催中のえのすいです!
ここで最近このブログで紹介した深海生物の中から「へんないきもの!?」
選ばれた生物たちを駆け足でザッと紹介します。


書籍「へんないきもの」掲載の超大物! オオグチボヤ(その1その2)は、
やはり残念ながら、このイベントまでもちませんでした。



↓「オオグソクムシ」(深海の大型ダンゴムシ)の腹側の写真です。
人によってはグロと感じる場合があるかも知れませんのでご注意ください。
その旨、ご了承の上でご覧ください。クリックすると拡大します。


新江ノ島水族館(えのすい)深海オオグソクムシ オオグソクムシ(大具足虫)
 [学名:Bathynomus doederleini]

前回お伝えしたように、15cmぐらいまで大きくなる深海ダンゴムシなのですが。
書籍「またまた へんないきもの」に掲載されているダイオウグソクムシは、
さらに大型で、なんと50cm!にもなる深海ダンゴムシ。

オオグソクムシは、オリジナル「へんないきもの!?」ではなく、
ダイオウグソクムシのかわりに登録されてる感じです。
(書籍のダイオウグソクムシ部分にオオグソクムシに関しても記述あり)

見たいけどやっぱ難しいんだろうなダイオウグソクムシ・・・。

写真のオオグソクムシは、真ん中辺りの足が欠落しちゃってます。
後ろ側の茶色っぽい板状の部位をオールのようにはためかせて泳ぎます。



新江ノ島水族館(えのすい)深海アルビンガイ

アルビンガイ[学名:Alviniconcha sp.]

お伝えした通り、つい最近、世界初展示になったばっかりの希少な毛が生えた貝
もっと早く情報があったら、本に掲載されていたかも知れない変わり種。
堂々のえのすいオリジナル「へんないきもの!?」認定。



新江ノ島水族館(えのすい)深海アシナガサンゴ

アシナガサンゴ[学名:Stephanocyathus spiniger]

前回の紹介の後に、仲間入りしてきた深海ヤドカリに押され気味で、
人々の注目を奪われている感のある深海サンゴたちからは
アシナガサンゴ(右)がえのすいオリジナル「へんないきもの!?」認定。

このデザイン家具のような足の部分は骨格の一部なんですって。



脚光を浴びている今こそ! あらためて、ご覧になってくださいね!

(C)早川いくを/寺西 晃/バジリコ

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/04(月)00:00
新江ノ島水族館(えのすい)は基本的に年中無休ですが、
12月4日(月)・5日(火)の2日間は、館内メンテナンスのため休館しています。
ご注意ください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/04(月)08:08
突然ですが、こちらの写真に写ってるの何だか分かりますか?

新江ノ島水族館(えのすい)マダコの赤ちゃん

「写真が良くないから、わかるわけないでしょ」とお思いでしょうが、
実は肉眼で見ても、良~く目を凝らして見ないと分かりません。

見えても多分これがなんなのかは、聞かないと分からないと思います。



さて、正解は・・・。
「えのすい」の食卓コーナーに登場したマダコの赤ちゃんです!

水槽の前にいたえのすい職員の方が教えてくれました。
で「そうなんだ~」と思い、タコの赤ちゃんだと意識して見ても、
あまりよく分かりませんでした。残念ながら。
それほど一匹一匹は小さい存在。

この中から大人になれるのは何匹ぐらいなんでしょね・・・。
せっかくなので、ぜひ、ご覧ください。


マダコ(真蛸)[学名:Octopus vulgaris][英名:Common octopus]

※12月4日(月)・5日(火)の2日間は、館内メンテナンスのため休館です。

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/05(火)00:00
新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのスプラッシュ!バンドウイルカ

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのスプラッシュ!バンドウイルカ
新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのスプラッシュ!バンドウイルカ

新江ノ島水族館(えのすい)イルカショーのスプラッシュ!バンドウイルカ

今回は単純にイルカショーっていいよね!っていう記事。
「えのすい」のイルカ with アシカショー「スプラッシュ!」(2006年12月2日)

バンドウイルカ(ハンドウイルカ・半道海豚)
[学名:Tursiops truncatus][英名:Bottlenose dolphin]

※12月4日(月)・5日(火)の2日間は、館内メンテナンスのため休館です。
新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/05(火)22:22
「“えのすい”の へんないきもの!?展」が大大大好評開催中のえのすいです!
このたくさんいる魚がえのすいオリジナル「へんないきもの!?」に認定。

新江ノ島水族館(えのすい)ネンブツダイ

ネンブツダイ(念仏鯛)[学名:Apogon semilineatus][英名:Barface cardinalfish]

「へん!?」なポイントは父親が念仏を唱えるように口をモゴモゴさせていること。
母親が産んだ卵を口に入れ、外敵から守りながら新鮮な海水を入れているんだそう。
その間、卵が孵るまで食事ができません。
( TДT) 健気なお父さんだこと。

このマウスブリーディングという卵の育て方は、なかなかお目にかかることができないので、見ることができたらラッキーです!
ぜひ、探してみてくださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/06(水)23:00
いや、今日えのすいで見かけた光景なんですけどね・・・。

新江ノ島水族館(えのすい)イソギンチャク

イソギンチャクですが名前は分かりません。
だけど、魚一匹丸ごとって・・・なんか大ざっぱな感じしますが。
普段からこんな食事だったのかな? 気付かなかった。

こういうシーンに巡り合えるのも、年間パスポート制度のおかげで
頻繁に足を運べるからに他なりません。

Viva 年パス!あらためておすすめ。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/06(水)23:52
先日の記事で紹介したえのすい在住のイワトビペンギンの老夫婦
ピースラブの羽根の生え替わりの続報です!

新江ノ島水族館(えのすい)イワトビペンギンのラブピース

イワトビペンギン[学名:Eudyptes chrysocome][英名:Rockhopper penguin]

だいぶ古い毛が抜けてきたみたいですね。
どうやら換羽しているのは夫のピースのようです。

奥さんのラブにツッコミを入れて、
夫婦漫才の練習をしているわけではないと思いますが変なポーズ。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/07(木)00:00
「“えのすい”の へんないきもの!?展」が大大大好評開催中のえのすいです!
けれどもクリスマスシーズンなのも忘れちゃイケないのは、さんざん言った通り!

新江ノ島水族館(えのすい)ミズクラゲのグラスツリー

うわ~これキレ~イ!
えのすいのクラゲファンタジーホールに12月1日より登場のグラスツリー。
きっかり12月25日まで雰囲気を盛り上げますよ!

「キレイはキレイだけど、別にクラゲと関係ないじゃん!」と思ったそこのアナタ!
甘いです! グラスの中をよく見てください!

新江ノ島水族館(えのすい)ミズクラゲのグラスツリー

ミズクラゲ(水水母)[学名:Aurelia aurita]

なんと! 1個1個のグラスの中には、小さいミズクラゲが入っているのです!
もちろんしっかり生きてますよ!

毎年恒例で、今年は新色のブルーバージョンだそうですが、これが大成功!
えのすいが誇る癒し空間「クラゲファンタジーホール」の雰囲気に完璧にマッチ!
幻想的で、なんかとってもロマンティック!デートにもピッタリだね!

恋人たちでも、家族連れでも、クリスマスに出かけるならえのすいで決まり!
みなさんもミズクラゲのグラスツリー! ぜひ、ご覧になってください!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/07(木)00:01
「“えのすい”の へんないきもの!?展」が大大大好評開催中のえのすいです!
深海コーナーのコチラも「えのすいオリジナルへんないきもの!?」認定。

新江ノ島水族館(えのすい)深海サツマハオリムシ

サツマハオリムシ[学名:Lamellibrachia satsuma][英名:Tube worm]

いや、これでムシって名乗っちゃってるんですよ。どうですかみなさん?
木の枝か根っこのように見えますがこれは殻で、
中に赤い房毛のようなゴカイの仲間の本体が入っています。

口も胃もなく化学物質を食べていてウンチもしないそうです。
海底から吹き出す硫化水素などをエラから取り込み、体内のバクテリアに化学合成させてエネルギーにする、常識外れの動物。

??? なんか意味が分からん・・・。
これは「へん!?」っていうより生物として謎過ぎ。

やっぱり「JAMSTEC & えのすい」共同研究の対象でワクワクもの。
見た目は思いっきり地味ですが弩級の変わり種サツマハオリムシ
ぜひ、見てみてください。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/08(金)00:00
「“えのすい”の へんないきもの!?展」が大大大好評開催中のえのすいです!

新江ノ島水族館(えのすい)チンアナゴ

チンアナゴ[学名:Heteroconger hassi][英名:Spotted garden eel]

常に砂の中から半分だけ体を出している珍しいアナゴの仲間。珍穴子?
それはえのすいオリジナル「へんないきもの!?」に認定されるわ。
名前に「珍」って入っちゃってるもの!

砂に潜るときには、体をドリルのように回転させて海底に突き刺さっていく、
世界でも最も泳ぎが下手な魚のひとつ。はぁ、大変そうだね。

犬のチンに顔が似てるのが名前の由来なんですって。
え? そしたら「珍」じゃなくて「狆」なんじゃないの・・・。
「えのすい」の解説板の漢字欄には「珍穴子」って書いてあるけど、
本当は「狆穴子」かも。

ま、どっちにしろ「へん!?」っていうことで!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/09(土)06:40
2006年12月の「えのすい」テーマ水槽:
「“えのすい”の へんないきもの!?」〈クリスマス編〉 その2

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ブラックゴースト

ブラックゴースト[学名:Apteronodus albifrons]

発電により体の周りに電気レーダーを発生させて張り巡らせるハイテク魚
というブラックゴーストはデンキウナギの仲間。
「サイボーグ009」の悪の組織と同じ名前なんですが、地味にハイテクつながり?

チャームポイントとばかりに、小さな尾びれの付け根に白い帯がある以外は、
全身真っ黒な「隠密 & ステルス 」仕様。とにかく写真が撮りにくい。(^д^;)

ですが、この魚は写真より動いているところが必見!はためくように動く腹びれ!
自在に後方にも泳げちゃうブラックゴーストを動画で紹介!
※若干手ブレあり、音声が出ますのでご注意ください。


新江ノ島水族館ブラックゴースト

やっぱり、カッコいい!

確かな実力を備えた、無駄に虚勢を張らない質実剛健な特徴が、いぶし銀のような魅力にあふれていて、ケレン味たっぷりの巨大甲殻類たちとは180度違う方向性でカッコいいです。



なんですが、今月のテーマ水槽は「へんないきもの!?+クリスマス」!
水槽の中に「黒い幽霊」だけで大丈夫なのか!? と心配のあなた!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽ブラックゴースト水槽

解説板に紹介がなくて詳細は不明ながら、同じ水槽内に
おもむろにキレイでクリスマス向きの熱帯魚も泳いでるので安心!

やった!なんか、ちゃんとクリスマスっぽくなってる!( ^ ∀ ^ )b


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ |  次へ
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。