新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/29(木)23:59
今日は湘南地方も雨が降ってホッと一息。
なんですが毎日のように酷暑とも言うべき日が続いて大変です。



その暑さの移り変わりを、えのすいの展示を使ってご紹介します。その展示とは相模湾大水槽の正面2階にある季節来遊魚水槽の奥に設置された海流の解説コーナーです。

ここに掲示されている「海流概況図」速報は、基本的に週1回のペースで更新され、関東地方近海を中心とした水温や海流の状況を知ることができます。

新江ノ島水族館(えのすい)海流概況図

●5月下旬
海の色の分布は水温を表しています。水温20℃を示す緑色が多くてまだまだ余裕。北の方には水温15℃以下を示す青色さえ見えています。


新江ノ島水族館(えのすい)海流概況図

●6月下旬
黄色やオレンジ色が増えてきました。大きな矢印が暖流の黒潮の流れなので、その部分は温度が高め。大体平均して22~25℃ぐらいの水温です。


新江ノ島水族館(えのすい)海流概況図

●7月下旬
赤い! 真っ赤! そりゃ目に見えて暑いだろ! という感じ。
30℃近くまで水温が上がってますが、東京湾や駿河湾に比べると、相模湾は軒並み2℃ほど水温が低いみたいです。さすが海水浴場が多いだけあります。

そんなわけで暑い季節は続きますが、熱中症にも気を付けてこまめに水分補給しながら、体調を崩さないように乗り切ってくださいね。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
2010/04/01(木)04:01
本日4月1日、新江ノ島水族館(えのすい)に、赤いカッパがいました。

新江ノ島水族館(えのすい)ウチワエビ

出合い頭の遭遇だったので、あちらも警戒したのでしょう、とても凶悪な顔でにらまれてしまいました。

カッパ(河童)はカメの甲羅を背負い、頭に皿を乗せた姿でおなじみの水にすむ妖怪。
なので、水族館で見られることも時折ありますが、一般的に緑色の個体が多いので、赤い体色は珍しいかもしれません。

新江ノ島水族館(えのすい)ウチワエビ

しばらくすると、多少打ち解けて笑顔も見られるようになりました。

人から尻子玉を抜いたり、水に引き込んで溺れさせたり、恐いエピソードも多いカッパですが、笑った顔を見る限りそんな悪いことをする生物には見えません。
なにより色が赤いのが、とっても愛らしい。

新江ノ島水族館(えのすい)ウチワエビ

じゃあね! バイバイ!

手の数も普通の個体より多いみたいなので、突然変異種の可能性が高いです。
ただでさえ、希少な生物のカッパですが、生態が解明されるにしたがって飼育方法も確立されてくるはず。生息数が増えて、水族館でも常時展示されるようになれば、もっとポピュラーな存在になると思います。そうなるといいですよね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※記事の作成日を、よくご確認ください。
ウチワエビは現在展示されていません。ご注意ください。
2009/04/01(水)20:55
本日4月1日、新江ノ島水族館(えのすい)は、開館5周年にあわせ
えのすい共和国として日本国から独立すると発表しました。

初代大統領に選ばれたのは、事前の下馬評とは大きく異なり、
巨大クラゲのパシフィックシーネットルでしたが、「クラゲに力を入れているえのすいらしい」という好意的な意見が多く、上々の評価を得ています。

新江ノ島水族館(えのすい)エイプリルフール写真

本日「イルカショースタジアム」にて、独立記念セレモニーが催され、
独立を祝う多くの人々が詰めかけました。
初代大統領により独立が高らかに宣言されると、
満場の聴衆からは割れんばかりの大きな拍手が送られました(写真)。

気になる領地ですが、新江ノ島水族館の敷地に限定されるようです。

なお、職員はもちろんのこと、年間パスポート会員やキッズクラブ会員、プラチナクラブ会員、個人サポーターなども新国家の国民として登録されるのでご注意ください。

順風満帆な船出となりましたが、世界的な不況が懸念される中、これから先うねるような荒波が待ちかまえていることは確実。初代大統領の舵取りに早くも大きな注目が集まっています。


パシフィックシーネットル[学名:Chrysaora fuscescens][英名:Sea nettle]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※記事の作成日を、よくご確認ください。
2007/04/01(日)04:01
本日4月1日、新江ノ島水族館(えのすい)の上空に謎の飛行物体が目撃されました。

新江ノ島水族館(えのすい)エイプリルフール写真

その姿はアメリカ空軍のステルス戦略爆撃機B-2スピリットに酷似するものの、先進技術を惜しみなく投入され、いまだに国家機密級の扱いを受ける同機が、江の島上空に展開する可能性は極めて低く、また、後端(写真では向かって左)には後方に伸びたステーのような部分が見られるなどの相違点もあり、B-2爆撃機説は現段階では収束の方向に向かっています。

一説には極秘裏に計画された国産のステルス爆撃機ではとの推測も流れていますが、仮にそうだとしても運用目的や予算調達の面で疑問点が多数残り、憶測に過ぎないとの見解が多勢を占めています。

そのため解明は難航し、依然として飛行物体の正体は謎に包まれています。
また、新江ノ島水族館上空では、以前から同種の飛行物体がたびたび目撃されており、新江ノ島水族館自体がこの帰属不明の航空機の開発に何らかの関係があるのではとの噂も囁かれています。

また一方で、新江ノ島水族館で飼育しているツバクロエイに似ているのではないか、との指摘もありましたが「大きさ等から考えて、合成写真でもない限りあり得ない」と言下に否定されています。


ツバクロエイ[学名:Gymnura japonica]

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※記事の作成日を、よくご確認ください。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。

2006/12/27(水)23:50
冬休みでにぎわうえのすいの相模湾大水槽に、新しく小島さんが登場!

新江ノ島水族館(えのすい)小島さん

小島さん

新登場の小島さんは、同じ水槽内のネンブツダイやハコフグと比べても
かなり大型なのが一目瞭然で見て取れると思います。

この個体はメスで、主に山菜(特にじゅん菜)などを好んで摂取しているようです。
出世魚の一種で、小島さん→中島さん→大島さん→カネトカデハナイという流れで
成長していくとのこと。

12月31日までの限定公開ということなので、
ぜひ、みなさんも小島さんをご覧くださいね!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
[新着!小島さん!]の続きを読む
2006/06/22(木)23:59
藤沢市で暮らすようになったある日のこと、
「えのすい」こと江の島水族館がリニューアルして「新江ノ島水族館」になるとのニュースが飛び込んできました(2004年4月)。

えのすいといえば、昔は良く行ったけど、

  ラッコ「ララ」「ココ」
  でかいミナミゾウアザラシ「大ちゃん」
  同じくミナミゾウアザラシ「ミナゾウ」

などのように、名前がそのまんまっぽいので、
ネーミングセンスに難がある組織というイメージがありました。
(イメージです。実際にはミナゾウも公募)

しかし、なんと2回分の入場料で1年間入場し放題の「年間パスポート」というものが
新しくできたらしいという情報も入ってきており、それは行かなくてはと決意。
ですが、そのときは「まぁ、いつか年間パスポート取るか~」ぐらいの心持ちで、
実際に足を運ぶことはありませんでした。

勤め先が江の島の近隣に移ったのを機に「そろそろ年間パスポートでも取るか~」という気になってきた矢先、ミナゾウが永眠との報が入り(2005年10月)、えのすいの近くを通るたびブルーになるようになってしまい、再び年間パスポート取得は宙に浮いてしまいました。

それからさらに時が流れ、たまたま食事中の店内のラジオから、
えのすい「ユメナマコ」が展示されているという情報が!(2006年6月)
非常に珍しく、また傷を負っているため、数日間しか展示できないだろうとのこと!
これは是が非でも見なくては!と思い立ちえのすいへGO!
当然、年間パスポートを申請! 明日またユメナマコ見に来れば元取れるからOK!

というような経緯で、紆余曲折というよりは長いグズグズしていた期間を経て、
やっとえのすいの年間パスポート会員になりました。

「もっと早く年パス会員になっとけば良かった」とちょっぴり後悔しながら、
新江ノ島水族館通いが始まるのでした。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。