新江ノ島水族館(えのすい)を紹介するブログ。イルカ・アザラシ・ペンギン・クラゲ・深海生物などの情報満載!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/02(月)23:00
2006年10月の「えのすい」テーマ水槽:
もうすぐハロウィン! オバケみたいな生きものたち その0

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

トラフシャコ[学名:Lysiosquilla maculata]

惜しまれつつテーマ水槽を去ったオウムガイに代わり、ニューヒーロー降臨!

世界最大のシャコのトラフシャコです!

あまりのカッコよさに、見ているだけで血沸き肉躍るのを抑えることが出来ません!
超カッコいい! 著しくカッコいい! 狂おしいまでにカッコいい!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

とにかく、このすさまじくカッコいい生物をいち早く伝えたい衝動を抑え切れないので、とりあえずの報告。
テーマ水槽の概要と、トラフシャコの詳しい説明は別項を設けます。

超興奮!ホントにカッコいい!
ぜひ、見てください!っていうか見ろ!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
スポンサーサイト
2006/10/27(金)00:01
「発見の小窓」水槽 2006年10月14~31日
ハロウィンの小窓 その1

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽タイトル


トリック オア トリート! ( ^ ∀ ^ )☆ 小窓水槽の展示は
小さなお菓子のような? オバケのような? 生き物たちです。
小窓水槽は小さな水槽が縦2×横12の計24並んでいます。
4回に分けてご紹介。まずは左の6水槽から。

01 03 05 07 09 11 13 15 17 19 21 23
02 04 06 08 10 12 14 16 18 20 22 24


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ノコギリガニ

01 ノコギリガニ[学名:Schizophrys aspera]
引き続き登場ながら、照明が変わって雰囲気がチェンジ。OKをいただきました。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽オキゴンベ

02 オキゴンベ[学名:Cirrhitichthys aureus]
背びれがクロスしてオシャレ~なオレンジ色の魚。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ホワイトソックス

03 ホワイトソックス[学名:Lysmata debelius]
こちらも引き続き登場。照明のせいか幻想的。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽フトユビシャコ

04 フトユビシャコ[学名:Gonodactylus chiragra]
名前でなんとなく大きさが分かる黄色いシャコ。キレイ! カワイイ!


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽キャメルシュリンプ

05 キャメルシュリンプ[学名:Rhynchocinetes durbanensis]
不思議な写真が撮れました。Mr.紅白模様も幻想的。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽コウイカ

06 コウイカ[学名:Sepia esculenta]
こちらは照明が変わると体色も180度変化。すごい!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/10/31(火)23:08
2006年10月の「えのすい」テーマ水槽:
もうすぐハロウィン! オバケみたいな生きものたち その8

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

トラフシャコ[学名:Lysiosquilla maculata]

超カッコいいトラフシャコをあらためて紹介! 前回は取り乱してしまってすいません。
「見ろ」とか命令口調を使ってしまって、ごめんなさい。
トラフシャコを見るとつい興奮しちゃうんですよね。

でも、ほらカッコいいでしょ! Superカッコいい!! Hyperカッコいい!!!
世界最大のシャコで体長は最大40cmぐらいにもなるそうです。
40cmのトラフシャコ! 想像するだけで気絶してしまうほどカッコいい!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ スパルタンなフォルム!
 爆裂しまくるケレン味!

 他のシャコやエビが円筒状の
 割とスッキリした体形なのに
 対し、こちらは体の幅が各所
 で違い、張り出しやクビレに
 富む起伏が激しい体形。
 
 これでもかっていう位、
 ハッタリが効いています。
 まるで、そういう効果を
 狙ってデザインされたメカの
 ような兵器的カッコ良さで
 男心をくすぐります。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコこれだけカッコいいのに
体を丸める仕草とかが
なんかキュート!

方向転換や防御に必要で、
シャコにしてみたら必死
なんでしょうけど。
ただカワイイんじゃなくて
カワいカッコいい!

なんとなく変形メカのような
非実用的な機能美ともいえる
造形から放たれる一種異様な
自然の驚異的カッコ良さの
ほとばしりが垣間見えて、
グッと、否、ググッときます!



比較されるオバケは〈アンクウ〉。大きな鎌を持った西洋の死神です。
死神の名にふさわしい巨大な鎌が、他の生物から見たら脅威となるでしょう。
この鎌はカニやエビのハサミと違い、片刃で格納式。これもメカっぽくてカッコいい!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

シャコは貝やカニの甲羅を叩き割る「シャコパンチ」が有名ですが、
「パンチ型」の他に「刺し型」「両刀型」があり、トラフシャコは「刺し型」。
普段は折り畳んでいる鎌をビシッと伸ばして獲物を捕らえます。カッコいい!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

とにかくあからさまにカッコいい!

土砂降りの雨の中、泥にあふれる水たまりに土下座して、全身泥まみれになりながら

トラフシャコさんをお嫁にください!
 幸せにします!! 絶対幸せにしてみせます!!!」


と力の限り叫びたくなるような、そんな気持ちになるくらいカッコいい!
結婚してください! そして、そのカッコ良さに対して、
むしろ積極的に泥まみれで土下座させてください! お願いします!
っていうくらい、カッコいい!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽トラフシャコ

激カッコいい! 究極カッコいい! 悶え死にしそうなまでにカッコいい!
この自然の奇跡といっても過言ではない奇跡的にカッコいい生物が、自然発生的に自然界に生まれ落ちた奇跡に感謝します!
(「自然」と「奇跡」を3回ずつ言ってみました)

宇宙で一番カッコいい生き物に認定!!!

超絶興奮! この世の真理に則してカッコいい!
ぜひ、絶対見てください!! っていうか絶対見ろってば見ろ!!!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2006/12/22(金)08:07
2006年12月の「えのすい」テーマ水槽:
「“えのすい”の へんないきもの!?」〈クリスマス編〉 その6

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ

モンハナシャコ[学名:Odontodactylus scyllarus]

見よ!この神がかったカッコ良さ!

2ヶ月にもわたった「“えのすい”の へんないきもの!?展」の最後を締めくくるに
相応しい超大物「モンハナシャコ」が満を持して登場!
書籍「またまた へんないきもの」において、宝石のような眼が持つ驚異の探知能力と
そのハンマーから繰り出される爆裂攻撃力を、遺憾なく詳述された由緒正しき正統派!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ

見たか!この問答無用のカッコ良さ!

記事になるのが遅かったのには理由あり。今月すでにモンハナシャコだけで50枚以上も撮影しちゃって(デジカメって便利だね!)写真を選ぶだけで大変!

しかも、あまりのカッコ良さに写真の掲載候補を振り落とすだけで、
ものスゴくハートブレークな感じ! 写真を全部載せてあげられないなんて!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ 新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ

ちなみにこんな感じ↑で展示。プレゼントを持ったサンタさんのクリスマスっぽい
ガラスの装飾品(ベル?)の中に収まってます。
これは海底の砂の中に穴を掘って獲物を待ち伏せる習性を利用した展示。

色はもともとの体色が基本的に緑と赤のクリスマスカラーなんでバッチリOK!
見事なまでのクリスマスの主役です!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽へんないきものモンハナシャコ

見やがれ!この悶絶気絶級のカッコ良さ!

シャコが宇宙で一番カッコいい種族なのを再認識!
だけど全体のラインが優美すぎてケレン味にかけるところが、
カッコ良さではトラフシャコ(その1その2)に負ける要因です。

ですが、結婚してください!

暫定で宇宙で二番目にカッコいい生き物に認定!!

ぜひ! 見ろっていうか見とけ! 見とけっていうか見ろ!

(C)早川いくを/寺西 晃/バジリコ

新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2007/01/12(金)22:02
「発見の小窓」水槽 2006年12月30日~2007年1月19日
“えのすい”開運おみくじ水槽 その2

続いて中左の6水槽です。
男 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
女 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

誕生石 4月:ダイアモンド、5月:エメラルド・ヒスイ、6月:ムーンストーン


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽イソスジエビ

4月男 イソスジエビ[学名:Palaemon pacificus]
『透明凡庸』磯に無数にいる透明エビ。
個性を発揮できない一年。うまい話に乗ると食い物にされるので注意。

せっかくダイヤモンドなのに・・・確かにどっちも透明だけど。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽イソギンチャクエビ

4月女 イソギンチャクエビ[学名:Periclimenes brevicarpalis]
『数奇至幸』イソギンチャクに隠れすむガラス細工のように透明なエビ。
シンデレラのごとき幸福を思わぬところで発見!壊さないように注意。
う~ん、なんか女性の方が良いこと書いてあるような・・・。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽モンハナシャコ

5月男 モンハナシャコ[学名:Odontodactylus scyllarus]
『活躍華麗』モンハナさん、ここに来た!これは大吉相当!
戦国武将のように華やかなシャコ。活躍が期待されている年。
積極的に先頭に立って物事を進めて吉。

おう!じゃあ今年は5月生まれの男性に付いてく!


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ケアシホンヤドカリ

5月女 ケアシホンヤドカリ[学名:Pagurus lanuginosus]
『転出招福』ヤドカリの引っ越しは慎重で素早い。転居、旅行に吉。
だけど行き先は慎重に決めないと思わぬ落とし穴が!
落とし穴っていうか上の小さいケアシホンヤドカリが普通に落ちそう!


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トラフカラッパ

6月男 トラフカラッパ[学名:Calappa lophos]
『難関突破』缶切りのようにハサミで巻き貝を開くカニ。
特別な道が開運する年。難しいこと新しいことにチャレンジして成就。
たまにはこんなポーズで。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ハワイアンケーブシュリンプ

6月女 ハワイアンケーブシュリンプ[学名:Stenopus pyrsonotus]
『前進打開』洞窟に住む優美なエビ。
才能や努力がなかなか認められない。閉じこもらず自ら踏み出して吉。

うん、たまには光の当たる場所に出てきてよ!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2007/01/14(日)22:04
「発見の小窓」水槽 2006年12月30日~2007年1月19日
“えのすい”開運おみくじ水槽 その4

最後は右の6水槽です。
男 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
女 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

誕生石 
10月:オパール・トルマリン、11月:トパーズ、12月:ターコイズ・ラピスラズリ


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽スナイソギンチャク

10月男 スナイソギンチャク[学名:Dofleinia armata]
『好感不穏』美しさも毒も最高のイソギンチャクなんですって!
最高に注目されるが、トゲのある言動が禍を呼ぶとのこと。
学名が「ドルフェリア+荒俣先生」っぽいので、ある意味えのすいゆかり。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ヒメハナギンチャク

10月女 ヒメハナギンチャク[学名:Pachycerianthus magnus]
『恋愛開花』こちらも花のよう美しいイソギンチャク。
長く停滞していた恋愛が成就。自分を失わず、しっかり根をはるべし。
花のように開いて獲物を捕まえるってことね。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽フトユビシャコ

11月男 フトユビシャコ[学名:Gonodactylus chiragra]
『危機打開』小さくても強烈なパンチ力のシャコ!
障害多いが、機転と才能で切り抜ける。スリルある一年に。
シャコに当たったから大吉!ってことでOK。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ナベカ

11月女 ナベカ[学名:Omobranchus elegans]
『金運上昇』磯の貝殻に住む黄金色の魚。
小金には苦労しない一年、黄金色の尾を見ればさらに金運上昇。

トパーズ→黄金→小金。元々金運良いんでしょうか?


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽ウコンハネガイ

12月男 ウコンハネガイ[学名:Ctenoides ales]
『来光満願』貝の中に光る電光を見れば超大吉!
ご来光のように赤い貝。その中にときおり光る雷光が大吉を招く。

出ました!来光→雷光で超大吉! 写真では光ってないです。
光ってるところを見られたら、ほんとに運がいいかも。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽フリソデエビ

12月女 フリソデエビ[学名:Hymenocera picta]
『美装好機』キレイだけどヒトデを生きたまま食べます。
今年の好機はファッションにあり。ここぞの場面でおしゃれをして吉。
振り袖だけに和装してみるのも良いかも。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2007/02/17(土)00:02
「発見の小窓」水槽 2007年1月20日~
小さな地球 (通常展示)

というわけで、入れ換え組の紹介の続きですが、
「発見の小窓」水槽にトラフシャコモンハナシャコフトユビシャコ
3種のシャコが勢揃いしたので、その様子をお伝えします!


えのすい宇宙で一番カッコいい生き物が帰ってきた!

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トラフシャコ

トラフシャコ[学名:Lysiosquilla maculata]
相も変わらず問答無用にカッコいいです。これはもうDNAに刻み込まれたカッコよさ。トラフシャコの前に来ると、もう夢中でシャッターボタンを押してしまいます。

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トラフシャコ

もう、どうにでもしてくれと叫び出したくなるほどのケレン味。
こんなにカッコよくていいのか!? 微に入り細に入り完璧なまでのカッコよさ! パーフェクトなまでのカッコよさ!! てか完璧でパーフェクトなカッコよさです!!!

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トラフシャコ

前世でなんかあったのかってくらいトラフシャコに対する思いが日々募ります。
この気持ちは一体なんなのだろうか・・・。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽モンハナシャコ

モンハナシャコ[学名:Odontodactylus scyllarus]

宇宙で二番目にカッコいい生き物
背中のラインが丸く、ややケレン味に欠けるものの鮮やかな色彩と、武器がハンマーという潔さで存在感あふれるモンハナシャコ。ちょっと悪そうでカッコいいです。


新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽フトユビシャコ

フトユビシャコ[学名:Gonodactylus chiragra]
依然として恥ずかしがり屋っぽい態度を継続中。シャコの仲間は総じて視覚が発達しているせいか、水槽の前から覗き込むと敏感に察知して反応します。


こんなカッコいいシャコたちが3種も一堂に会するなんて!
これは絶対見なきゃ! っていうか絶対見やがれ!! 見やがれってば見やがれ!!!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※この記事は2008年12月以降に書かれています。詳細ははじめにをご覧ください。
2009/06/20(土)23:00
「発見の小窓」水槽 2009年5月上旬~7月10日
小さな地球

「発見の小窓」水槽の次回の模様替えは、7月11日からの磯のちいさなお魚図鑑
それまでは通常展示の「小さな地球」だと思われます。
そこへ宇宙一カッコいい生物群「シャコ」の仲間が新登場!
※シャコを見ると興奮してしまうため、言葉遣いが悪くなります。ご注意ください。
 あらかじめご了承の上ご覧ください。



新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トゲシャコ

トゲシャコ[学名:Harpiosquilla raphidea]
グェッヘッヘッへ! 小さいけど、やっぱり超絶カッコいいぜ!
いわゆる普通のシャコと色味も似てるし、鎌を持った同じタイプのシャコだね。
欲を言えば、もうちょっと大きい方がケレン味も出てくるんだけどなぁ。

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トゲシャコ

だけど、実はトゲシャコは成長すると30cmを超えるシャコ類でも最大級の種類。
世界最大といわれるトラフシャコにも匹敵だ!
成長が、今から楽しみだぜ・・・( `∀´) ウヘヘヘッ
っていうかマジ見たい! 30cm級のシャコ!

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トゲシャコ

チャームポイントはお尻の黒い点。これが通常のシャコと見分けるポイント。しかし、この角度で見ると、やっぱり寿司ネタっぽく見えちゃうぜ。

新江ノ島水族館(えのすい)小窓水槽トゲシャコ

24個ある「発見の小窓」水槽全部を「トゲP」とか「シャコタン」とか個別に名前を付けたトゲシャコ24匹で埋め尽くしても、個人的には一向に差し支えありませんが、やはり世間一般的には受け入れられないでしょうから、今回は譲ってあげないでもないですけど。

大きくなる前の今の姿を見ておくのが吉。絶対見逃すな!


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/04/27(火)23:00
2010年04月の「えのすい」テーマ水槽:
なまえのふしぎ その5

※シャコを見ると興奮してしまうため、ちょっと言葉遣いが悪くなります。ご注意ください。
 あらかじめご了承の上ご覧ください。


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

モンハナシャコのこういう姿しか見られなかった方もいらっしゃるかもしれないので、正面からの凛々しい雄姿をどうぞ!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

モンハナシャコ[学名:Odontodactylus scyllarus]

このブログでは宇宙で二番目にカッコいい生き物の名声を欲しいままにするモンハナシャコが久しぶりに登場だッ!

グァッハッハッハ! ちなみに宇宙で一番カッコいい生き物トラフシャコ

しかも、シャコはカッコいいだけじゃないのだッ!
人間は3原色を識別して色を認識していますが、それに対してシャコは11~12の原色を識別可能なので人間の知らない色が見えているはず! 赤外線や紫外線、さらには円偏光というものまで感知できる空前絶後の超センサー能力を持った驚異の生物ッ! それがシャコなのだッ!

さらにッ! 振りかざされたときの威力は拳銃の弾丸に匹敵するともいわれるモンハナシャコのハンマーのような脚は、獲物をこれでもかというぐらい容赦なく破砕&粉砕ッ!

ある意味、科学的に生物界最強と本気で言えるんですってば!
同じ縮尺だったら、多分ライオンなんかには余裕で勝てます!
・・・まあ、現実の縮尺では、絶対ライオンに勝てませんけどね。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

ギィッヒッヒッヒ! 恐れ入ったかッ!
さらに珍しい住み処の筒から出てきたシーン。
両手でピースサインを高く掲げたワルのり小学生のようなポーズにも見えます。

それにしても長い間シャコ類の姿がなかったので「2ヶ月以上シャコの展示がないなんて、水族館としてどうかと思うよ。っていうか常設展示で良くね?」と、よっぽど投書しようかと思うぐらい血がにじむほど歯がみする日々が続きましたが、なんとか耐え切った甲斐があって、とても立派なモンハナシャコに遭遇できました!

なんでも「発見の小窓」水槽には大き過ぎるほど、発育がいいモンハナシャコだとか。
ステキ過ぎるぜッ!



新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

というわけで異様に発達した情報集積能力を持っているモンハナシャコですが、その弊害として必要以上に用心深いというか神経過敏というような面があります。

おさおさ警戒を怠らないモンハナシャコの住み処の筒に何者かがタッチ!
すかさず恐る恐る触覚で探ってみます。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

「なんだコブヒトデか! ビックリさせやがって、ボケッ!」

ビビってるようにも見えますが、かなり凶暴な性格のはず。なので、相手が貝やカニだったらひとたまりもありません。コブヒトデは捕食の対象じゃないので命拾いです。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

それにしても美しい。これも機能美なのだろうか。緑と赤だと目立ち過ぎちゃうような気もしますが、自然界の暖かい海では逆に迷彩になるのかも。

やっぱり見た目って大事だね。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

そして、ワルそ~う! グェッヘッヘッへ!

モンハナシャコには、常に残虐で悪辣であって欲しい。下手すると本当に手が付けられないぐらいらしいし。ちょっとスゴいぜッ!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

コブヒトデの野郎、いつかハンマーでブッ叩いてやんわ、ボケェッ!!」

アレッ!? ところでテーマってなんだっけ? ・・・なまえのふしぎ?
シャコは茹でたときの色が、花のシャクナゲに似てるので名前が付いたんだとか。同居のクロユリハゼともども花由来の名前ということですね。

じゃあ、トラフシャコでも良かった訳か。だけど大きくてカッコいいモンハナシャコなので、とても充実した展示だぜ。これなら常設展示でいいんじゃないかと、むしろ「発見の小窓」水槽の横あたりに「シャコの中窓」水槽を作るべきじゃないかと、そのように感じています。


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
2010/09/26(日)23:59
2010年09月の「えのすい」テーマ水槽:
国際生物多様性年~可笑しくも地球のなかまたち~ その3

※シャコを見ると興奮して言葉遣いが悪くなるのは仕様です。ご注意ください。
 あらかじめご了承の上ご覧ください。


新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

モンハナシャコ[学名:Odontodactylus scyllarus]

どうあがいても宇宙で二番目ぐらいにカッコいい生き物にしか見えないモンハナシャコが4月のテーマ水槽以来の登場だッ!
ちなみに、多分宇宙で一番カッコいい生き物トラフシャコだよね。

それにしてもカッコ良さと美しさが高い次元で融合していてホレボレするぜッ!
自然と進化が産み出した最高傑作のひとつだねッ!! 間違いなくッ!!!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

上から見るとくびれとか凹凸が少なくて、逆にキレイ過ぎてケレン味に欠けるところがあるけど、逆にそこが良いっていう人もいるんじゃないかと。

まるでエアブラシで迷彩模様を吹いたようなグリーン主体の圧倒的なグラデーションの美しさの前にひざまずけッ! 這いつくばれッ!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

緑の箇所はステルス兵器のように高い整合性で滑らかにつながりつつも、赤い箇所は無造作に派手に大きく展開するアンビバレントなコントラストにハートが高速ビート!

目の後ろに位置する可動甲羅がこっそりと超絶カッコいい。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

どうだッ! ぐうの音も出まいッ!
クジャクがモチーフなのかっていうほどハデ過ぎる尾部。
だけどこんなに美しいのに、ひとたび横に一閃すれば冷酷な凶器と化すのだッ!



それではここでモンハナシャコの方向転換シークエンスを特別超公開!

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

モンハナシャコカッコ良過ぎるぜ! ・・・良過ぎるぜカッコモンハナシャコ



新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

超高性能センサーと超破壊力のハンマーがメインウェポン。
先端部分に集中配備。

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

「クワァーーーーーッ!」とハンマーをせり出し凶暴に身構えるモンハナシャコ

新江ノ島水族館(えのすい)テーマ水槽モンハナシャコ

「あ、ゴメン、ちょっと待って・・・目がカユい」


新江ノ島水族館は小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅から徒歩約3分です。
※展示・内容は変更になる場合があります。
最近の記事
ブログ内検索

ユーザータグ
カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

水之江 ゴウ

Author:水之江 ゴウ
「えのすい」(新江ノ島水族館)をブログで紹介!
リンクフリーです!

 | TOPへ | 
Copyright © 「えのすい」へGO!:新江ノ島水族館密着ブログ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。